スコット・トゥロー

人物・団体ページへ

ベスト・アメリカン・ミステリ クラック・コカイン・ダイエット ハヤカワ・ポケット・ミステリ

スコット・トゥロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150018078
ISBN 10 : 4150018073
フォーマット
出版社
発行年月
2007年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,532p

内容詳細

巨匠エド・マクベインの最後の短篇「即興」をはじめ、今回も新人から文豪まで多士済々、にぎやかな顔ぶれが勢揃い。ベストセラー作家とミステリ界の重鎮がコンビで贈る、極上の短篇ミステリが楽しめる傑作集。

【著者紹介】
スコット・トゥロー : 『推定無罪』などでリーガル・サスペンスのブームを巻き起こした人気作家

オットー・ペンズラー : アンソロジストをはじめ、多方面で活躍しているミステリ界の重鎮である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うたかたの日々 さん

    1つ1つの話が短く面白いのだけれど、もう少し読みたいまた、理解不足で悩んでしまう。短い分引き込まれないせいかもしれません。僕にはたまには短編ものも良いかな。

  • トムトム さん

    なかなか意表をつくどんでん返しが多くて面白かった。たくさんお話が載っていて長いので、合間合間に少しずつ♪

  • mi さん

    少人数の登場人物と限られた場。心温まるものもあるが、多くは、反転、奈落、あっ終わった的な短篇ならではな鮮やかな刃物捌き。1番はカレン・E・ベンダー「船旅」。天涯孤独の82才、女詐欺師の生と死の物語。「イヴリンとジンジャ―が嘘をつき始めると、世界は粉々に壊れ、中からこの世のものとは思えない、美しいものが姿を現わした」姉と始めたペテンの過去が悲しく華々しく、船上の現在の一瞬が悲しく華々しい。

  • シンドバッド さん

    マクベインが、読みたくて購入。その他の、作品も、良いものが、過半数。アメリカンミステリー 長編苦手の人にも、おすすめできます。

  • 真朱 さん

    ハヤカワミステリの短編集というとなんとなく軽快でひねくれててオチはちょっとビックリ!みたいなものを期待していたのですがこれはそういう内容ではありませんでした。。短編というには長尺な中編に近いものが多く、内容も思ったより重め。タイトルはキュートでしたが内容はちょいダークでした。読むのに時間がかかってしまった。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スコット・トゥロー

1949年、アメリカ、シカゴ生まれ。スタンフォード大学大学院を経てハーヴァード・ロースクールに入学、法曹となる。シカゴ地区連邦検察局の検事補を務める傍ら執筆した長編小説『推定無罪』で87年に小説家デビューを果たす

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品