スクリャービン(1872-1915)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Comp.piano Works: Ponti

スクリャービン(1872-1915)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CD5X3606
組み枚数
:
5
レーベル
:
Vox
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Alexander Scriabin (1872 - 1915)
    Pieces (3) for Piano, Op. 2
    演奏者 :
    Ponti, Michael (Piano)
    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 :
    • 作曲/編集場所 : 1887-1889, Russia
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Alexander Scriabin (1872 - 1915)
    Nocturnes (2) for Piano, Op. 5
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : 20th Century
    • 形式 : Nocturne
    • 作曲/編集場所 : 1890, Russia
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
普通、このレベルの録音だったら2度と聴か...

投稿日:2014/04/09 (水)

普通、このレベルの録音だったら2度と聴かないと思うが、このCDは聴いている うちに音の悪さをあまり感じなくなった。名曲、名演奏だと思う。 TVを消して、一杯やりながら一日の疲れを取るのにいいのかな!!!

素人の独白 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
抒情性も勢いも併せ持っていて僕は好き。ポ...

投稿日:2011/12/18 (日)

抒情性も勢いも併せ持っていて僕は好き。ポンティのピアニズムはロシアものにとてもよく合っていると思う。ラフマニノフの全集と録音の処理は違うけど、僕には同じピアノに聞こえる。ラフマニノフの解説書にはベヒシュタインのピアノと書いてあり、録音しているのも同じVOXのスタジオのようだ。アップライトはさすがにないと思うが、かといってベヒシュタインの音色とはほど遠い・・・。相当使い古したメンテナンスの良くないベヒシュタインのグランドビアノなのだと思う。

☆の降るまち さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ピアノの音は大変残念。アップライトだから...

投稿日:2011/05/02 (月)

ピアノの音は大変残念。アップライトだから仕方ないが,現代では(現代でなくてもだけど笑)考えられないことで,演奏が魅力的であるだけに残念としかいいようのないことである。しかし,ポンティのねいろの変化の付け方は非常にうまいと感心した。曲想にマッチした表情づけで,歌わせ方などホロヴィッツに比肩すると思われる箇所もたくさんある。アップライトピアノでよくここまで表現できたものだと思うと驚異的と言わざるを得ないと思う。作品3の10のマズルカなどポンティの代表的名演だと思う!一方で技巧的な曲でもホロヴィッツを思わせる激しい感情移入が聞かれる曲もあり,迫力満点である(ここでもやはりアップライトの限界があるが,そういうことは気にしないの!)。後期の曲が聴けないのがこのCDの欠点だが(コンプリートではない!。特に作品71は入れてほしかった),これだけで1500¥というのは買わない手はないだろう。

オットー さん | 新潟県 | 不明

0

スクリャービン(1872-1915)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト