スクリャービン(1872-1915)

人物・団体ページへ

SHM-CD

神秘劇序幕、ニュアンス ヴラディーミル・アシュケナージ&ベルリン・ドイツ交響楽団、アレクセイ・リュビモフ、アレクサンドル・ギンジン、他(3CD)

スクリャービン(1872-1915)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD2274
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

スクリャービン:神秘劇序幕、ニュアンス

【スクリャービン生誕150年】【SHM-CD】【グリーン・カラー・レーベルコート】
1872年ロシアに生まれた作曲家、ピアニスト、アレクサンドル・スクリャービン。モスクワ音楽院の同級生ラフマニノフよりもピアニストとして有望視されていましたが手首の故障で作曲家の道へ。ショパンの影響の色濃い後期ロマン派的な作風から出発し、独創的な作風へシフト。調性音楽から離脱した時期は、ドビュッシーが印象主義音楽を、シェーンベルクが表現主義音楽を確立した時期に重なり、現代音楽の先駆者のひとりとされ、ストラヴィンスキー、ベルク、シマノフスキらに影響を与えました。その後、ニーチェ哲学に心酔し、神智学に傾倒。神秘和音を特徴とする神秘主義的な独自の作風で知られます。
 スクリャービンが晩年に構想し、未完に終わった『神秘劇序幕』の初の全曲録音となったアルバム。国内盤としては唯一の全曲録音で、残されたスケッチなどを元にロシアの作曲家ネムティンが1996年に補筆完成した楽譜を使用しています。カップリングの『ニュアンス』はスクリャービンのピアノ曲を1975年にネムティンがバレエ用に編曲したもので、こちらも初録音となったもの。21年ぶりの再発売にして、初のプライスダウンです。(メーカー資料より)

【収録情報】
スクリャービン:
1. バレエ音楽『ニュアンス』(ネムティン編)
2. 神秘劇序幕(ネムティン補筆完成)
(第1部『宇宙』/第2部『人類』/第3部『変容』)

 アレクサンドル・ギンジン(ピアノ:1)
 アレクセイ・リュビモフ(ピアノ:2)
 トーマス・トロッター(オルガン:2)
 アンナ=クリスティーナ・カポーラ(ソプラノ:2)
 エルンスト・ゼンフ合唱団(2)
 サンクト・ペテルブルク室内合唱団(2)
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 ヴラディーミル・アシュケナージ(指揮)

 録音時期:1996年9月、1997年5月&8月
 録音場所:ベルリン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

アシュケナージ指揮、ベルリン・ドイツ響による、スクリャービンのバレエ「ニュアンス」を収録。ネムティンによる編曲・完成版を録音している。神秘和音などを多用し、独特の幻想的な世界を繰り広げたスクリャービンの手腕が光る一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この未完の大作を、ネムチンが生涯をかけて...

投稿日:2006/10/24 (火)

この未完の大作を、ネムチンが生涯をかけて復元したことだけでも尊敬に値する。またその作品をスクリャービンのスペシャリストであるアシュケナージがCD化する。何と素晴らしい偉業だろうか!作品の真価は後世に委ねられるかもしれないが、スクリャービン最晩年の世界を垣間見ることができるもの。スクリャービンマニア必聴のCDである。

じょ さん | 岐阜県 | 不明

0

スクリャービン(1872-1915)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品