スクリャービン(1872-1915)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第1番、第2番 ゲルギエフ&ロンドン交響楽団、セルゲイエワ、ティムチェンコ

スクリャービン(1872-1915)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LSO0770
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


スクリャービン:交響曲第1番、第2番 ゲルギエフ&ロンドン交響楽団
まるでワーグナーかマーラー?
ゲルギエフ芸術の総決算、驚くべき深さのスクリャービン


SACDハイブリッド盤。ゲルギエフとロンドン交響楽団は2014年3月から4月にかけて彼としては初めてスクリャービンの交響曲全5篇を上演しました。昨秋に第1弾として第3番と『法悦の詩(第4番)』をカップリングでリリースし、話題となりました。
 今回はどちらもスクリャービン初期の作品ですが、若き日に大のワグネリアンだった影響に加え、交響曲の規模を拡大し、声楽まで動員している点はマーラーを思わせます。ゲルギエフの得意とする音楽を集大成した感があり、これ以上彼向きの作品は珍しいと申せましょう。
 交響曲第1番は1899-1900年の作で、全6楽章50分の大曲。第5楽章にはメゾ・ソプラノとバリトンの独唱、終楽章には混声合唱が起用されています。歌詞はスクリャービン自身のよるロシア語の芸術讃歌で、マーラー風な響きと充実度に満ちていますが、編成が大きいため演奏頻度は多くありません。この曲がついにゲルギエフの演奏で登場。絶妙なバランスでオーケストラと声楽を統率、若きスクリャービン独特の鮮烈な叙情と、不思議な光に満ちた世界から、感動的なクライマックスに導きます。2016年秋、マリインスキー・オペラで来日予定のセルゲイエワが説得力満点な歌唱を聴かせます。
 交響曲第2番は全5楽章の純器楽作品。メシアンを先取りしたような、延々と鳥の囀りを描写した第3楽章が独特。フィナーレはワーグナー風のロシア音楽で、カッコ良さの極み。初演当時は酷評されましたが、ゲルギエフの演奏で聴けば、チャイコフスキーの伝統上にある魅力的な交響曲であることを再認識させられます。(輸入元情報)

【収録情報】
スクリャービン:
1. 交響曲第1番ホ長調 Op.26
2. 交響曲第2番ハ短調 Op.29

 エカテリーナ・セルゲイエワ(メゾ・ソプラノ:1)
 アレクサンドル・ティムチェンコ(テノール:1)
 ロンドン交響楽団合唱団(1)
 ロンドン交響楽団
 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)

 録音時期:2014年3月30日(1)、4月10日(2)
 録音場所:ロンドン、バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Lento
  • 02. II. Allegro Dramatico
  • 03. III. Lento
  • 04. IV. Vivace
  • 05. V. Allegro
  • 06. VI. Andante - Various Performers

ディスク   2

  • 01. I. Andante
  • 02. II. Allegro
  • 03. III. Andante
  • 04. IV. Tempestoso
  • 05. V. Maestoso

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
3番/4番が良かったのでこちらも買ってみま...

投稿日:2018/01/04 (木)

3番/4番が良かったのでこちらも買ってみました。 演奏を批評するほどに曲のことは分りませんが、こちらも期待どおりに良好な音質で、ややもすれば冗長な感じのするスクリャービンの音楽を通して楽しむことができました。  ゲルギエフという人もこれまでほとんど聴く機会がなかったんですが、すっきりと見通しのいい音楽をつくる人なのでしょうか。 アバド以後は印象の薄れていたロンドン響(ハイティンクのシリーズは秀逸でしたが)の切れ味のいいアンサンブルを聴けたのが嬉しかったです。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

0

スクリャービン(1872-1915)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品