デス博士の島その他の物語 未来の文学

ジーン・ウルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336047366
ISBN 10 : 4336047367
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,413p

内容詳細

「ケルベロス第五の首」で絶讃を浴びた“言葉の魔術師”ジーン・ウルフ、本邦初の中短篇集。精緻を極めた超絶技巧の語りと華麗なる文体、そして綺想とエモーションに満ちた物語全5篇+限定本に付された序文を収録。

【著者紹介】
ジーン ウルフ : 1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から“Plant Engineering”誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇“The Dead Men”でデビュー。以後、傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している

浅倉久志 : 1930年生まれ。大阪外国語大学卒。英米文学翻訳家

伊藤展安 : 1942年生まれ。早稲田大学文学部中退。英米文学翻訳家

柳下毅一郎 : 1963年生まれ。東京大学工学部卒。英米文学翻訳家・映画評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    今まで読んだジーン・ウルフの作品の中では一番わかりやすい作品集でした。短編が5編収められていて、私は表題作と「アイランド博士の死」「アメリカの七夜」が楽しめました。また前書きも若干の自叙伝的な感じでいいと感じます。ジーン・ウルフはsF作家といわれていますがこのような作品を読むと本当にSFのジャンルというのは幅が広いと感じます。

  • ライマウ・フレツリー さん

    「デス博士の…」は小説読み、読書家のために鬼才が丹精込めてしつらえたマスターピース…何度でも読める!

  • 八月 さん

    じっくり再読。楽しさが増した。「ウルフほど読書の喜びと苦しみを知っている作家もそうはいないだろう」その通りだと思う。物語に散りばめられた小さなプレゼントは読書の喜びを知る者だけに用意されている。ウルフによってそういう自分になれたと気付いて、もう一度始めに戻ると〈きみ〉と呼ばれていることに、喜びで胸がいっぱいになった。物語を純粋に楽しむこと、いつまでも忘れないでいたい。

  • 八月 さん

    ずっと夢を見ているよう。幻想的で美しくもあり不気味でもあり、ぼんやりとした曖昧な世界に心地良く包まれていた。物語を読むことの楽しさを純粋に感じさせてくれる優しさ、あたたかさがある。終始ワクワクしていて、本というのはそもそもこういうものだったよなあと。一度読んだだけでは、まだまだ読んだうちに入らない。何度も繰り返し読みたいと思った。お気に入りは「アイランド博士の死」、忘れられない。

  • tomo*tin さん

    ああ、本当に自分の語彙の無さを呪いたい。もう感想なんて書けないよ。言葉が出てこない。とりあえず全篇二回読みました。読み返さずにはいられなかったので。どれも本当に好きなのだけれど特に表題作と「アイランド博士の死」「アメリカの七夜」が秀逸。けれど他も忘れられないので、やっぱり全篇私は好きだ。どんな本でもそうだけれど本書も万人受けはしないだろう。でも私にとっては大切な一冊。そう思えることが純粋に嬉しい。物語は虚構だけれど、そこから読者が受け取るものは幻惑の様な現実なのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品