デス博士の島その他の物語 未来の文学

ジーン・ウルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336047366
ISBN 10 : 4336047367
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,413p

内容詳細

「ケルベロス第五の首」で絶讃を浴びた“言葉の魔術師”ジーン・ウルフ、本邦初の中短篇集。精緻を極めた超絶技巧の語りと華麗なる文体、そして綺想とエモーションに満ちた物語全5篇+限定本に付された序文を収録。

【著者紹介】
ジーン ウルフ : 1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から“Plant Engineering”誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇“The Dead Men”でデビュー。以後、傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している

浅倉久志 : 1930年生まれ。大阪外国語大学卒。英米文学翻訳家

伊藤展安 : 1942年生まれ。早稲田大学文学部中退。英米文学翻訳家

柳下毅一郎 : 1963年生まれ。東京大学工学部卒。英米文学翻訳家・映画評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    今まで読んだジーン・ウルフの作品の中では一番わかりやすい作品集でした。短編が5編収められていて、私は表題作と「アイランド博士の死」「アメリカの七夜」が楽しめました。また前書きも若干の自叙伝的な感じでいいと感じます。ジーン・ウルフはsF作家といわれていますがこのような作品を読むと本当にSFのジャンルというのは幅が広いと感じます。

  • ライマウ・フレツリー さん

    「デス博士の…」は小説読み、読書家のために鬼才が丹精込めてしつらえたマスターピース…何度でも読める!

  • tomo*tin さん

    ああ、本当に自分の語彙の無さを呪いたい。もう感想なんて書けないよ。言葉が出てこない。とりあえず全篇二回読みました。読み返さずにはいられなかったので。どれも本当に好きなのだけれど特に表題作と「アイランド博士の死」「アメリカの七夜」が秀逸。けれど他も忘れられないので、やっぱり全篇私は好きだ。どんな本でもそうだけれど本書も万人受けはしないだろう。でも私にとっては大切な一冊。そう思えることが純粋に嬉しい。物語は虚構だけれど、そこから読者が受け取るものは幻惑の様な現実なのかもしれない。

  • 芍薬 さん

    なんだか頭の中でぐるぐるしてしまう短編集でした。 現実か幻覚か奇跡か 頭蓋骨の中で骨と骨が会話してるみたいな気分に (解り難いのですがけっして嫌な気分ではないのです。) また違う歳に違う状態で再読したら全然違う感想になりそうです。

  • 斑入り山吹 さん

    こういう本は一年に一冊も読めない。だから大事に大事にここぞというときの為にとっておいたのだが、かなり参ったのでついに読んでしまった。30年も前の話だとは思えん。ああ話が終わってしまう、というわたしの気持ちそのままの話まであって、やっぱりジーン・ウルフは最高。これで日本で翻訳されて出た本はみんな読んでしまった。あとはアンソロジーを探すしかないのか。いやいや、何度読み返しても面白いのがウルフ氏。とはいいつつ、お願い、翻訳してください!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品