ジル・ヴァン・グラスドルフ

人物・団体ページへ

ダライ・ラマ その知られざる真実

ジル・ヴァン・グラスドルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309243153
ISBN 10 : 4309243150
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,574p

内容詳細

20世紀を通じてチベットが歩んできた苦難の道を、ダライ・ラマ14世を中心に描く。神秘のベールに包まれたチベット仏教と様々な謎めく事件、スパイなど、今までにない資料に富む名著。

【著者紹介】
ジル・ヴァン・グラスドルフ : フランスのジャーナリスト。宗教や歴史や政治などについてのチベット学の世界的な専門家。ダライ・ラマとの会談を著した本を含めて、チベット関係の著書が12冊ある

鈴木敏弘 : 1944年生まれ。慶応義塾大学大学院修士課程修了。仏文学専攻。中沢新一『チベットのモーツァルト』(せりか書房)の仏訳に携わる。現在、日蓮宗浄心寺院代(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yoshiki Ehara さん

    チベット参考図書B。1933年のダライ・ラマ13世の死(遷化)以降の、チベットが歩んでいる苦難の歴史を、綿密な取材を踏まえて生き生きと描くノンフィクションの大作。1959年のダライ・ラマ14世のインド亡命前、そして亡命直後の数年間までの状況を詳しく扱っている。チベット問題というと、中国共産党がチベット人を迫害している問題と単純に捉えられがちだが、そう簡単ではない。本書を読むと、チベット側にも中国に付け入る隙を与える混乱が多少なりともあったこと、そして中国による弾圧や迫害も一様ではないことがよく理解できる。

  • CCC さん

    チベット側から見たダライ・ラマ14世とその周辺事情。著者はフランス人。 チベットに関してはほぼ無知なので、人名、地名が頻出すると読みづらさを感じた。けど、流れはつかみやすくてよかった。ただ、フォーカスが当たっているのは1933年〜1963年の間で、ここ50年くらいの話は少ない。もう少し近況についても詳しい話を読んでみたかった。

  • tkm66 さん

    極右・先輩の・友人から貰わされた一冊

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジル・ヴァン・グラスドルフ

フランスのジャーナリスト。宗教や歴史や政治などについてのチベット学の世界的な専門家。ダライ・ラマとの会談を著した本を含めて、チベット関係の著書が12冊ある

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • 『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来『ホモ・デウス』 我々は不死と幸福、神性をめざし、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。そのとき、格差は想像を絶するものとなる。世界的ベストセラーが待望の邦訳。 HMV&BOOKS online|2018年9月6日(木)
  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く先を語る『さらば、資本主義』。 HMV&BOOKS online|2015年10月19日(月)
  • アメリカの転換期1950年代の正体を暴く 越智道雄×町山智浩の巻末対談も見逃せない!ピュリッツアー賞作家、デイヴィッド・ハルバースタムの『ザ・フィフティーズ 1950年代アメリカの光と影』がちくま文庫で登場! HMV&BOOKS online|2015年9月16日(水)
  • 齋藤佳子「信じる! 伝える! 実現する!」 TBS人気番組『マツコの知らない世界』でプレゼンターを務めた「全人類を応援する元NFLチアリーダー」齋藤佳子の、周りも元気にしてしまう超ポジティブな生き方とは? HMV&BOOKS online|2015年9月10日(木)
  • 話題の本「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」 8/13「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(テレ朝19時〜)にて、1978年に「最後の帰還兵」として中国から帰国した深谷義治さんが取り上げられました。 HMV&BOOKS online|2015年8月14日(金)
  • 視覚が、触覚が、嗅覚が、あなたの思考を操っていたとしたら…? 人の思考や判断は、知らず知らずのうちに何ら合理性のない、 五感からの情報に大きく左右されている―そんな驚きの研究結果がこの10年で続々と発表され、心理学の世界で注目を集めている「身体化された認知」とは? HMV&BOOKS online|2015年8月13日(木)

おすすめの商品