ジリアン・ホフマン

人物・団体ページへ

報復ふたたび ヴィレッジブックス

ジリアン・ホフマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863327955
ISBN 10 : 4863327951
フォーマット
発行年月
2005年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,485p

内容詳細

あれから3年―。悪夢のようなキューピッド事件も人々の記憶から薄れつつあった。だがマイアミで事件の起こらぬ日はない。恋人ドミニクとの平穏な暮らしを手に入れた地方検事補C・Jは、その夜も事件発生の報せに叩き起こされた。現場へ急行した彼女を待っていたのは、キューピッド犯を逮捕したチャヴェスの凄惨な死体だった。まさかあの事件のせいで?不安にかられるC・Jに追い討ちをかけるように、当時の関係者が次々と殺されてゆく。悪夢はまだ終わっていなかったのだ!ふたたび追い詰められてゆくC・Jを襲うさらなる恐怖とは?前作を上回る戦慄で迫るジリアン・ホフマン最新作。

【著者紹介】
ジリアン ホフマン : アメリカ、ロングアイランド育ち。セント・ジョンズ大学ロースクール在学中からクイーンズやブルックリンの検事局で検察官としての修業を積み、卒業後はフロリダ州マイアミの検事局で検事補となり、犯罪者引渡/法務課と家庭内暴力課で重罪担当検察官として活躍。その後フロリダの法執行局に移り、地域法務アドバイザーとして、麻薬、殺人、組織犯罪などの複雑な犯罪捜査にあたる特別捜査官に刑事/民事両面で法的助言を与えるかたわら、ジャンニ・ヴェルサーチを射殺した連続殺人犯アンドリュー・クナナンの事件もFBIやCIAとともに調査にあたった。2001年、法執行局を退職、夫と2人の子どもとともにフロリダ州フォート・ローダーデイルに住みながら執筆に専念する。2004年、最初の小説『報復』(ヴィレッジブックス)でデビュー

吉田利子 : 埼玉県生まれ。東京教育大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hit4papa さん

    猟奇連続殺人事件に対峙する女性検事補の活躍を描いた『報復』から三年。今度は、事件に関わった警察官らが次々に惨殺されていきます。前作の犯人は刑務所の中ですが、そもそもの証拠の妥当性に疑義が生じ主人公はピンチに陥ります。ゆらいだ正義のために苦悩し、恋人とも仲違いをしてしまうという辛い展開であり、犯人捜しというよりも登場人物たちの内面を際立させた作品です。ただ、こういうかたちの続編は、前作の売れゆきに便乗の感あり好き嫌いが分かれるでしょうね。正義の意味がふたたび問われ最終作へと続くのですが、さすがに飽きました。

  • ペトロトキシン さん

    海外の作品は読み慣れていない。クライマックスで遂に犯人が分かった時も「この人誰だっけ?」と登場人物を確認。確認しても、こんな奴居たかな状態でした。『報復』でバントリンクを刑務所送りにしたC.Jだが、作者は簡単には許してくれなかった。どんだけドSなんだよ。今作品でもエピソードでやっと平穏な日々が訪れるのかと思いきや、驚愕のラストがっっ!!もう許してやってくれ〜。でも『報復それから』の主人公はC.Jじゃないみたいです。

  • じょじょ さん

    今回はCJの不安や恐怖心が皆に伝染してると言うか 全体的にパニック状態で書きました。と言う位セカセカ・ソワソワした印象。まだまだ引っ張るみたいだから 続きも読んですっきりしたい。

  • 坂城 弥生 さん

     なんだかスッキリしない終わり方だった。次作で完結するのかな? 事件のほうが重視されてて、ドミニクとCJの関係の描き方が、ちょっと雑だと思った。

  • 'Steroid Smasher' 萌路 さん

    物語はまだまだ終わらない気配がプンプンします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品