ジョー・R・ランズデール

人物・団体ページへ

モンスター・ドライヴイン 創元SF文庫

ジョー・R・ランズデール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488717018
ISBN 10 : 4488717012
フォーマット
出版社
発行年月
2003年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
249p;15

内容詳細

金曜の夜、ぼくたちはドライヴイン・シアター“オービット”に集まった。いつものB級ホラー映画オールナイト。いつもの大騒ぎ。だが突然、血の色の光を放つ怪彗星が襲来し、観客全員が異空間に閉じ込められてしまった!娯楽の殿堂から一転、生き残りを賭けた凄絶な戦場に変わる“オービット”。ぼくたちはここから生還できるのか?伝説のスラプスティック青春ホラーSF。

【著者紹介】
尾之上浩司 : 英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hit4papa さん

    カルト的な評価を得ている作品です。B級スプラッターホラーへのオマージュとも、おばかSFとも、青春小説ともとれる不思議な魅力を持っています。嫌いな人は相当嫌いだと思いますが、不条理ともいえる奇怪さがなんとも楽しいのです。

  • けいちゃっぷ さん

    ドライヴイン・シアターが突如脱出不可能な閉ざされた世界となる。 設定は好みだが、その後の展開はうーん。 途中までは思弁的な話になるのかと思ったぜ。 作者がB級ホラーが好きというのは分かったが、これ一作だけでは蛇の生殺しだよね。 続編はどうした。 249ページ

  • gibbelin さん

    けっこうクル。ポップコーンキングにハップとレナードの前世を見た気がして、めげ。それで少々中断してたんだけど、ようやくエピローグに到達。なんというカタルシス。おお、このあいだ、ずっと俺は悪夢を生きていた。このあいだ死んでたらまさしく地獄の住人となるところよ。

  • Prussian_Blue さん

    てっきり閉じ込められた魔界ぽいドライブインで殺人鬼系モンスターに襲われてばかばか人が死にながらどうにかやっつける系の話かと思いきや、むしろ禍々しい閉鎖空間や雷などの超常現象は舞台装置に過ぎず、本質は蠅の王やクリムゾンの迷宮のような、極限状態に追い込まれた人間たちがどう狂っていくかに重点を置いた作品で少し意外でした。B級ホラーとしては性描写や残酷描写が控えめなので読み易いです。もちろんランズデールらしい『下品さ』は健在ですがw B

  • ノコギリマン さん

    久々のランズデール。そもそも短編しか読んだことがないんだけど、ランズデールの本は面白い。モンスターパニックを期待してたら、まさかの『蝿の王』でした。『蝿の王』しかり『罪と罰』しかり、この辺の題材は作家にとってはいちどは取り組んでみたい題材なのだなー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品