ジョーン・ディディオン

人物・団体ページへ

60年代の過ぎた朝 ジョーン・ディディオン集

ジョーン・ディディオン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784487760961
ISBN 10 : 4487760968
フォーマット
出版社
発行年月
1996年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
266p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ecriture さん

    『ヴォーグ』の記者を務めた後、エッセイスト・作家となったジョーン・ディディオンによる60・70年代アメリカのカウンターカルチャーに寄せたエッセイ集。ハリウッドスターやミュージシャンのビッグネームから隣人との些細なエピソードまで、当時のアメリカの雰囲気を幅広く伝えている。「沈黙の世代」と呼ばれるディディオンが語る「女性たち」という章が特に面白い。フェミニストへの辛辣な批判、ドリス・レッシング作品評、ジョージア・オキーフ芸術とマチズモなど。「60・70年代文化の研究に多大な影響を与えた」名著。

  • 茶幸才斎 さん

    謎である。あろうことか、筆者の意図も汲めず、共感も湧かない。筆者自身の精神分析カルテの開陳に始まり、さる司教の来歴、空き家のカリフォルニア州知事公邸、女性運動への違和、ハワイの戦没者墓地、遺伝性の偏頭痛、ショッピングセンター論、マリブー沿岸救助隊の日常等々、筆者の身近な暮らしと関心にまつわるエッセイ集。理解が及ばないのは訳文に問題があるのか。地理的にも時代的にも私に筆者との接点がないからか。本書をやむにやまれず手に取った20年前の私だったら、あるいは本書の一部からでも何かを感じ取ったのだろうか。謎である。

  • tamaph さん

    彼女の俯瞰的視点が面白い。都市をインフラから見ることに安らぎを得るというのは、あの砂漠の中に突如として現れる巨大都市が、壮大な人為的制御の賜物として存在している、その制御への憧憬と敬意の表れか。無法の大地が母ならば、その制御は父的な様相を得る。けれど父の愛も長くは続かないことを無意識のうちに知っている。故に不安な相貌、とか言われるのかもしれない。女性的オイディプスのその先、翻弄されながらも冷静であろうと自律するその視点は、確かに不安定さを感じる者もいるのだろうが、私は常に彼女の視線の側にいたいと思う。

  • ロピケ さん

    アメリカの60年代後半から70年代にかけての時代を切り取ったエッセイ。キャリア・ウーマンとしての華々しい活躍をしながらも、不適応症状が現れ始め、そんな本人の気持ちが発生源となったかのように、これまで住んできた高級住宅地に異変が現れ始めて…と、ちょっと出だしがミステリーのよう。タキの『ハイ・ライフ』とも重なる部分もあったり、カリフォルニア、ハリウッドという土地柄も滲む。レーガン(ナンシー夫人も)はその頃、こんな所にいたんだ!と久しぶりにその名を目にしてちょっとびっくり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョーン・ディディオン

1934年カリフォルニア州サクラメント市生まれ。現在ニューヨーク市在住。1956年UCバークレー校を卒業後、『ヴォーグ』誌の編集に携わる。処女小説Run,Riverは1963年に出版された。初のノン・フィクションSlouching Towards Bethlehemは1968年に出版された。小説、ニ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品