ジョーン・エイケン

人物・団体ページへ

ナンタケットの夜鳥

ジョーン・エイケン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784572004307
ISBN 10 : 4572004307
フォーマット
発行年月
1977年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
339p;22

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miki Shimizu さん

    ダイドー、かっこいいな。バターシーの時は、お行儀悪い子だけど、意外にいいやつ?!くらいだったけど、行動力あるし、責任感強いし、なんかちょっと教育者っぽくもある。自信のない友達を、つねに良いところを見つけて褒めてあげるとか。ペンもそのおかげでどんどん元気出てきたし!

  • ocean さん

    かなり破天荒なお話し。その破天荒さを童心に返って楽しみたいです。

  • timeturner さん

    アメリカ人やイギリス人が平気で鯨を捕っているのにびっくり。

  • いるあ さん

    ダイドーは前作と本当に同じ人物?と思わず訝しくなってしまうくらい成長していたのでびっくりしました。冒険しているだけでしたが、とても面白かったです。このシリーズを通していえることですが、悪役を倒すシーンはすかっとしますね。

  • しき さん

    「バターシー〜」に引き続いておもしろかった!ダイドーのキャラクターが、この1冊でずいぶん変わっていたことにおどろいたけれど、眠り続けていた間に成長したってこと?(笑)この後の「ぬすまれた〜」と「かっこう〜」がちょっと難解に感じたので、スリルとサスペンスたっぷりの冒険譚はただ単純に面白く感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品