ジョーン・エイケン

人物・団体ページへ

とんでもない月曜日 岩波少年文庫

ジョーン・エイケン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001110203
ISBN 10 : 4001110202
フォーマット
出版社
発行年月
1978年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
241p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たつや さん

    岩波少年文庫読破と言う目標をたてたので手に取りました。タイトルは変なのと言う印象。まさかアーミテージ家の3作目とは思いませんでした。訳者あとがきを読んで納得しましたが、短編集からのアーミテージ家のお話を抜粋してまとめたんですね。どうりで、強引と言うか、支離滅裂?過ぎるとは思いましたが、作者のユニコーン好きはよくわかるし、一つ一つの出来事は作者のセンスに溢れているので、身を委ねて読むとスッキリ出来るかも?村上春樹さんの作品もある意味なんでもありですが、こちらは児童書なので、さらに上をいっている。

  • m さん

    図書館のリサイクル本。不思議なことが起こるアーミテージ家の物語。家庭教師の老婦人幽霊の話が好き。

  • 四季 さん

    月曜日になると毎回とんでもないことが起きる。庭にユニコーンが溢れ出したり、両親が魔法使いにテントウムシにされたりと…とにかく思いもよらないことが次々に起きる。ちょっと不思議なことが起きる程度に思ってたらがっつりファンタジーで、最初は油断していて想像がおいつかなかったwでも、慣れてくると毎週とんでもない事件が起きて楽しそうだなぁと思い始める。不思議な事件が起きれば毎週憂鬱な月曜日を迎えることもないのになぁ…

  • 青海 さん

    日常にファンタジーが加わるとこんな風になるのか。ユニコーンがペット扱いや馬替わりなんて。映像化してほしいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品