ジョージ R.r. マーティン

人物・団体ページへ

タフの方舟 1 禍つ星 ハヤカワ文庫SF

ジョージ R.r. マーティン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150115111
ISBN 10 : 4150115117
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
追加情報
:
16cm,479p

内容詳細

付近の惑星に周期的に災厄を撒き散らす謎の星、“禍つ星”。そこに赴けば、誰もが巨万の富と絶対的な力を手にできるという。その秘密を追う学者に雇われた宇宙商人ハヴィランド・タフは、サイバー技術者、用心棒ら、いずれ劣らぬ曲者の五人と現地へ向かう。だが、彼らを待ちうけていたのは、超巨大宇宙船“方舟”号からの思いもよらぬ攻撃だった!表題作ほか、宇宙一あこぎな商人タフの冒険を描く連作集、待望の第一弾。

【著者紹介】
ジョージ・R・R・マーティン : 1948年、アメリカ、ニュージャージー州生まれ。幼少年期からSF、ファンタジイ、ホラーなどのジャンル小説とコミックスを愛読し、71年、SF短篇「ヒーロー」でデビューを果たす。70年代は、いずれもヒューゴー賞を受賞した「ライアへの賛歌」(74年)、「サンドキングズ」(79年)などのSF短篇作家として活躍。80年代から90年代半ばにかけては、ホラーやモザイク・ノベル『ワイルド・カード』、テレビドラマの脚本などを中心に執筆する。96年、『氷と炎の歌』第一部『七王国の玉座』を発表。現代最高のエピック・ファンタジイとされるこのシリーズは、第三部まで発表され、全作がローカス賞を受賞している

酒井昭伸 : 1956年生、1980年早稲田大学政治経済学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    粗筋の「宇宙一あこぎな商人」というのは間違いだと思います。色白のスキンヘッド巨漢で繊細な指を持ち、冷静沈着に物事を考える、慇懃無礼な宇宙商人のタフ。料金はキッチリ、頂く分、契約はキッチリ、守ります。これを見ると彼は商人の鑑でしかあり得ません。寧ろ、契約者達の方がロクデナシばかりなので余計に彼の紳士さが際立っています。そして何より、猫を溺愛するお茶目な人柄!!猫好きな人はきっとタフが気にいると思います。実際、猫を毛嫌いするヒステリーなデブ女の末路には胸がすきました(黒笑)

  • S さん

    一つ一つ物語が完結している連作集。“禍つ星”と呼ばれる惑星に赴けば、誰もが巨万の富と絶対的な力を手にできるという。その秘密を追う学者に雇われた主人公は、曲者揃いの人々と現地へ向かう。デストピアやパンデミック系の話が以前から苦手で、第一話で奇怪な生物が出てきた時は読み進められるか心配したが、二話からは様々な環境の惑星や、そこに住む人々との交流などが描かれ、楽しく読めた。主人公タフは、一言で言えば慇懃無礼で得体のしれない人物である。だが美食家で猫を愛している点は可愛げがあり、また相手をやり込める様は痛快だ。

  • アイゼナハ@灯れ松明の火 さん

    ムッフッフ、これ面白い!! ひょんな事から(第1話参照)失われた地球帝国の遺産、生物戦用の巨大宇宙船〈胚種船〉を手に入れ、宇宙商人から環境エンジニアに華麗に転身した猫好きのタフの活躍を描く連作短編集。謹厳実直は仮の姿、実は慇懃無礼で抜け目ないタフのキャラクターが好きだなぁ。神の御業と見紛う遺伝子操作の技術を用いて、彼が星々にもたらすものは救済か、はたまた破滅か。3話それぞれ面白いですが、シニカルなどんでん返しが楽しい『守護者』が一番好みかな。第2巻に続いてるとのことなので、このままGo!!

  • miroku さん

    慇懃無礼にして至誠、冷徹にして偏愛…。タフを一言で表す言葉はない。この作品の面白さを一言で表す言葉もない♪

  • どんまいシリル さん

    四国旅行のお供に、図書館で借りた。出だしは怖い話(ジュラシックパークみたい)で、映画だったら絶叫し、悪夢を見たに違いない。主人公がどうにも捉え難く、猫をかわいがるから悪者ではなさそうだが、人に優しいとは言えない。ただ、方舟の管理者には最適かもしれない。聖書の「魚とパン」は、奇跡の実現と分け合うことの尊さを示唆するらしいが、こちらはそれとは程遠いところが面白い。独特のいいまわしも、是非使ってみたい。「さようで。」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品