ジョージア・ウォーンキー

人物・団体ページへ

ガダマーの世界 解釈学の射程

ジョージア・ウォーンキー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784314008808
ISBN 10 : 4314008806
フォーマット
出版社
発行年月
2000年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,350p

内容詳細

ガダマーとその批判者との論争を跡づけることでガダマーの解釈学を体系的に解説。ガダマー思想の醍醐味が伝わる格好の案内書。

【著者紹介】
ジョージア・ウォーンキー : ボストン大学で博士号を取得したのち、イェール大学助教授を経て、現在、カリフォルニア大学リヴァーサイド校哲学部教授。解釈の正当性問題からロールズなどの政治哲学、フェミニズム関係、具体的な社会問題まで幅広く論じる。実践哲学志向の解釈学者。著書としては本書のほかに、「Justice and Interpretation」(1993年)「Legitimate Difference: Interpretation in the Abortion Controversy and Other Public Debates」(’99年)がある

佐々木一也 : 1954年長野市生まれ。東京大学文学部卒。東京大学大学院人文科学研究科哲学専門博士課程単位取得退学。現在、立教大学文学部教育学科教授。専門は哲学。特にハイデガーを中心とする現代ドイツの実存哲学系の思想を基盤にしつつ、解釈学の方法を取り入れて、存在論を追究している。最近は、西田幾多郎をはじめとする日本近代哲学の研究にも取り組んでいる。その一方で、学問の社会的役割の重要さに鑑み、社会的教育制度としての大学を日本的に意味づける仕事にも着手している。共著に「現象学と解釈学(下)」「大学力を創る:FDハンドブック」などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョージア・ウォーンキー

ボストン大学で博士号を取得したのち、イェール大学助教授を経て、現在、カリフォルニア大学リヴァーサイド校哲学部教授。解釈の正当性問題からロールズなどの政治哲学、フェミニズム関係、具体的な社会問題まで幅広く論じる。実践哲学志向の解釈学者。著書としては本書のほかに、「Justice and Interpr

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品