ディベートガイド 基礎からのディベート

ジョン・M.エリクソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784874405864
ISBN 10 : 487440586X
フォーマット
出版社
発行年月
2000年03月
日本
追加情報
:
163p;21

内容詳細

本書では、ディベーターの直面した主要な問題を解決するために、初心者、熟達者の双方に簡明な助言を行っている。批判に対して効果的に反論しながら、力強く説得力のある論を展開するために必要なことなど、明快な説明と具体的な応用の仕方によって、学生が理論に基づき、ディベートの基本原理を応用するために必要な技術を身につけ、伸ばすのに役に立つ。ディベートで用いる用語集とディベート関係の研究のために精選した参考文献を付した。

目次 : 第1章 ディベートの意義/ 第2章 ディベート過程の理解/ 第3章 ディベートの組み立て方―その基本的な概念/ 第4章 調査および論証―情報入手と立証展開/ 第5章 肯定側立論と否定側立論の組立て/ 第6章 反駁/ 第7章 反対尋問の手引き/ 第8章 議論を提示する際の論者の義務/ 第9章 ディベートの言葉遺いと話術/ 第10章 理想的ディベーターの資質

【著者紹介】
J.エリクソン : カリフォルニア工科大学(San Luis Obispo,California)教養部部長。北カリフォルニア弁論協会(NCFA)会長。パイ・カッパ・デルタ、デルタ・シグマ・ローの弁論協会名誉会長。スタンフォード大学弁論部部長。価値問題に関するアメリカ問題ディベートトーナメントの創始者

R・ゼウシュナー : スピーチコミュニケーションの教授。カリフォルニア工科大学弁論部前顧問。反対尋問ディベート協会(CEDA)・北カリフォルニア弁論協会(NCFA)元会長。ファイ・ロー・パイ全国短期大学スピーチ協会の会長を二期務める

J.マーフィー : レトリックとコミュニケーションの教授。カリフォルニア大学Emil Mrak弁論連盟の全教職員顧問。北カリフォルニア弁論協会(NCFA)初代会長。プリンストン大学Whig−Cliosophic弁論協会教職員顧問

渡辺春美 : 1951年(昭和26年)愛媛県に生まれる。1975年(昭和50年)広島大学教育学部高等学校教員養成課程(国語科)卒業。香川県大手前高等(中)学校、大阪府立岬高等学校を経て、大阪府立和泉高等学校教諭のまま、1994年(平成6年)鳴門教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻(言語系コース)修了。1999年(平成11年)4月から沖縄国際大学助教授(国語教育学)。全国大学国語教育学会、日本国語教育学会、日本文学協会、日本読書学会、中国四国教育学会他会員。著書に『国語科授業活性化の探究−文学教材を中心に−』(1993年渓水社刊)、『国語科授業活性化の探究2−古典(古文)教材を中心に−』(1998年渓水社刊)がある

木下哲朗 : 1975年(昭和50年)広島大学文学部英文学科卒業。兵庫県立生野高等学校、西宮今津高等学校、尼崎小田高等学校教諭を経て、現在須磨友が丘高等学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品