非聖戦 CIAに育てられた反ソ連ゲリラはいかにしてアメリカに牙をむいたか

ジョン・K・クーリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480863355
ISBN 10 : 4480863354
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,395p

内容詳細

イスラム戦士の自爆テロの背景にはアメリカや中国・サウジなど各国の思惑がある。国際テロネットワークの実態を探る、イスラムウォッチング30年の冷静な分析と最新報告。世界中のジャーナリストが読んだ本。

【著者紹介】
ジョン・K・クーリー : ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン記者を振り出しに、UPI通信、オブザーバー紙、クリスチャン・サイエンス・モニター紙などの記者として、1960年代から中東を取材。現在、キプロス駐在アメリカABC特派員。国際報道での目覚ましい活動によりジョージ・ポーク記念賞を受賞

平山健太郎 : 東京大学法学部卒。サイゴン、カイロなどのNHK支局長、同解説主幹を経て白鴎大学教授。湾岸危機(湾岸戦争)での報道・論評活動により1990年度ボーン・上田賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yooou さん

    ☆☆☆☆☆ 評価見直しました。これこそ真のジャーナリズム

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・K・クーリー

ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン記者を振り出しに、UPI通信、オブザーバー紙、クリスチャン・サイエンス・モニター紙などの記者として、1960年代から中東を取材。現在、キプロス駐在アメリカABC特派員。国際報道での目覚ましい活動によりジョージ・ポーク記念賞を受賞

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品