ジョン・ロバート・オッペンハイマー

人物・団体ページへ

原子力は誰のものか 中公文庫BIBLIO20世紀

ジョン・ロバート・オッペンハイマー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122039698
ISBN 10 : 412203969X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
205p;16

内容詳細

世界で初めて原爆を完成させ、全米の国民的英雄となった天才物理学者は、なぜ水爆開発に反対したのか。科学と社会、科学と人間の関係はどうあるべきなのか。根源的な問いにオッペンハイマーが全存在をかけて答える。

目次 : 原子力時代と科学者/ 核爆発/ 今日の問題としての原子力/ とらわれぬ心/ 原子兵器とアメリカの政策/ 科学と現代

【著者紹介】
ロバート・オッペンハイマー : 1904‐1967。アメリカの理論物理学者。ハーバード、ケンブリッジ大学等に学び、カリフォルニア工科大学等の教授に就任、多数の研究者を育成した。第二次大戦中はロス・アラモス研究所所長として原爆を世界で初めて完成し、「原爆の父」と呼ばれる。戦後、原子力委員会の中心メンバーとなるが、アメリカの水爆開発に反対の立場をとったため、国家への忠誠を問われ、公職から追放された。のち政府はフェルミ賞を贈呈し、この措置を事実上撤回した

美作太郎 : 1903‐89。熊本に生まれる。東京大学法学部卒業。日本評論社編集局長を経て、新評論社長、会長

矢島敬二 : 1930年東京に生まれる。東京都立大学理学研究科修士課程修了。日本科学技術研修所などを経て、東京理科大学経営学部教授。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ymazda1 さん

    科学者としてではなく、プロジェクトのリーダーとしてのオッペンハイマーしか、この本の中にはいないということが、何よりも驚きだった・・・現代において、最先端の技術をもって世界を席捲するような新進の企業が日本に生まれないってことの根っこみたいなものを、どうしても、感じてしまった。。。

  • ソメ さん

    彼の苦悩はあんまり伝わってこなかった。核の国際協力とは言いつつも、結局はアメリカが核開発をリードしなければいけないというよくわからない矛盾、、、そしてなにより、翻訳読みにくすぎです。すみません。新しい版で翻訳しなおしてほしい、、、、

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品