シンプリシティの法則

ジョン・マエダ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492556078
ISBN 10 : 4492556079
フォーマット
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,100p

内容詳細

複雑化するデザイン、テクノロジー、ビジネス、人生を、どうシンプルに保つか。煩雑さから解放され、健全でいるための10の法則と3つの鍵を、ウェブ・デザインの先駆者が教える1冊。

【著者紹介】
ジョン・マエダ : グラフィック・デザイナー、ビジュアル・アーティスト、コンピューター・サイエンティスト。MITメディア・ラボでシンプリシティ・コンソーシアムを立ち上げ、メディア・アーツ・アンド・サイエンシズのE・ラッジ・アンド・ナンシー・アレン教授を務める。2008年6月に、米国有数の芸術大学であるRhode Island School of Design(RISD)の学長に就任予定。過去に、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリで展覧会を開いており、スミソニアン研究所クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館、サンフランシスコ近代美術館、ニューヨーク近代美術館に常設展示がある。スミソニアン・ナショナル・デザイン賞(アメリカ)、レイモンド・ローウィ財団賞(ドイツ)、毎日デザイン賞(日本)など、受賞歴多数

鬼沢忍 : 1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒業。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • baboocon さん

    MITの教授でありグラフィック・デザイナーでもある著者による、シンプリシティ(単純さ)を10の法則と3つの鍵に分類して解説したエッセイ。テーマに相応しく、文量も100ページと簡潔にまとまっている。インターネットやハイテク機器のデザインにだけでなく、ビジネスや人生にも適用できそう。この本の感想ではないけれど、先に読んだ「シンプルを極める」もこれ位シンプルに書いてくれればもっと良かったのになあ(笑)

  • みんと さん

    3つの鍵。アウェイ、オープン、パワーが、シンプリシティの未来において、重要なテクノロジー指標となる。

  • GASHOW さん

    シンプルなほうが高級感がある。力もある。

  • nizimasu さん

    シンプルというのは、デザインでもあり、問題解決の手段でもある。さらに、部屋の片付けかもしれない。著者はグラフィックデザインの観点からモノを語っているが、日本の企業の問題点だったり、とにかく普遍性のあるテーマで、短いページの中に込められたアイコンと文章のコラボこそが、シンプリシティを体現していて興味深い本であります

  • k?m? さん

    シンプル

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・マエダ

2008年6月より、アメリカ有数の芸術大学であるRhode Island School of Design(RISD)の学長を務める。グラフィック・デザイナー、ビジュアル・アーティスト、コンピュータ・サイエンティスト。MITメディアラボでシンプリシティ・コンソーシアムを立ち上げ、同研究所E・ラッジ&

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品