ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ

人物・団体ページへ

ベネベントの魔物たち 1 いたずらの季節

ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035215301
ISBN 10 : 4035215309
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
127p;22

内容詳細

おてんばなローザとなぞときが好きなエミリオは、ふたごのきょうだい。ある朝おきてみると、家の農場のようすがいつもとちがいます。野草がはえていないし、メンドリも卵をうみません。おまけに納屋がめちゃくちゃです!エミリオは、考えました。「わかったぞ。魔物のジャナーラが、ローザにしかえしをしているんだ!」小学校中学年から。

【著者紹介】
ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ : コロンビア大学卒業後、記者やプログラマーなどの仕事についたあと、独学で絵を学び、子どもの本の作家になる

ソフィー・ブラッコール絵 : 絵本作家。『プーさんとであった日』『おーい、こちら灯台』(ともに評論社)で、コールデコット賞を2度受賞

横山和江 : 翻訳家。やまねこ翻訳クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    実在するべネベントという町の1820年代を舞台にしたおはなし。もちろん世界中のどこよりも魔物がたくさん住んでいる、というのはフィクションですが。双子の怠け者で食いしん坊のローザと、謎を解くのが好きなエミリオのはなし。自分に都合の悪いことは『ジャナーラ』のせいにするローザ。お父さんはもう信じてくれません。まるでオオカミ少年のようだと。でも何度も起こる不可解な事件はローザがやってことではありません。そこでエミリオが謎解きをするのですが…。図書館には4巻までありました。

  • かもめ通信 さん

    これは〜。早く続きを読まなくては!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品