ジョン・ブランドラー

人物・団体ページへ

BANKSY

ジョン・ブランドラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784405022539
ISBN 10 : 4405022534
フォーマット
出版社
発行年月
2021年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 Banksy
追加情報
:
A4変型判 / 240ページ

内容詳細

日本初上陸!全世界9ヶ国で発売!サザビーズオークションで切り刻まれた作品を含む、最新のバンクシーコレクション!


世界的に有名になった今も頑として素性を明かさない謎のアーティスト、バンクシーについて、その素性は謎のままに、彼が語りたいと思っている「ストーリー」を写真とともに深く掘り下げようとする一冊。そのストーリーには反体制、反戦、反資本主義などさまざまなメッセージがこめられ、ブラックユーモアや風刺や遊び心がたっぷり盛られている。

◆作品の大半はすぐに塗りつぶされてしまい、現存しているものは多くありません。
バンクシーと深い繋がりを持つ著者ジョン・ブランドラーが世界のファンに贈る、大変貴重な1冊です。
◆収録作品数は140点以上!本格的な解説付き写真集!
※2020年から日本各地で開催されているバンクシー展は70点規模になります。
※「BANKSYバンクシー展 -天才か反逆者か-」(横浜・大阪・名古屋・福岡)
  2020/3/15 横浜展より順次開催中。
※「バンクシーって誰?展」(東京・名古屋・大阪・郡山)
  2021/8/21 東京展より順次開催。
◆話題となりました、サザビーズオークションで切り刻まれた作品も掲載されております。

◆平和への祈りが込められた代表作
『flower bomber(花束を投げる男)』や2018年のサザビーズオークションにてシュレッダーにかけられた『Love Is in the Bin(愛はゴミ箱の中に)』など、140点を超える作品を一挙に収録。
専門家による各作品への解説も掲載されており、より深くバンクシー作品を鑑賞することができる1冊となっています!

ストリートアートの宿命ですが、描かれた作品はいつの日か消えゆくものです。
本書は、その消えゆく貴重な作品を写真と解説で残し、ご家庭でいつでも楽しめる一冊です。

この機会にバンクシーの世界にふれてみてはいかがでしょうか!


【目次】
・プローグ
・バンクシーたるべきか? バンクシーならざるべきか?
・バンクシー、アーティストの肖像画
・ネズミ、サルなど、バンクシーの描く特異な生き物たち
・政治・社会活動、使命
・愛と平和、希望と夢、天使と悪魔
・アートと即興性
・世界一眺めの悪いホテル ―― よりよい未来への希望
・エピローグ


《著者紹介》
ジョン・ブランドラー 著
ストリート・アートに詳しく、早くからバンクシーとつながりを持つ。作品の収集家でもあり、バンクシーの専門家としてテレビにも数多く出演。「バンクシー×アンオフィシャル」ではまえがきとキャプションを執筆。

アレッサンドラ・マッタンザ 著
ライター、シナリオライター、芸術写真家、いくつもの雑誌媒体に記事を投稿したり、テレビのドキュメンタリー番組でインタビューを行ったりする一方、旅の本や旅行ガイドの執筆を行っている。ストリート・アートにも詳しく、ストリート・アートに関する著作もある。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品