ジョン・フラナガン

人物・団体ページへ

奪還 アラルエン戦記 下|8

ジョン・フラナガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265050888
ISBN 10 : 4265050883
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
350p;19

内容詳細

ウィルは、もはや瀕死の状態だった。愛馬タグの行方、誘拐されたエラクの安否もわからない。さらに、闇より深い砂漠の恐怖がホールトたちを取りかこむ。アラルエン王国、スカンディアの未来はいかに?部族同士の駆け引き、スリリングな展開がたまらない、注目の8巻!大切な仲間を守る!命がけの戦いに挑む若者たちの友情を描く大型ファンタジー。

【著者紹介】
ジョン・フラナガン : オーストラリアを代表する児童文学作家。テレビシリーズの脚本家として活躍中に、12歳の息子のために物語を書きはじめる。『アラルエン戦記』シリーズは、ニューヨークタイムズベストセラーに60週以上ランクインしたほか、子どもたち自身が選出する賞や国内外の賞・推薦を多数受賞。シドニー在住

入江真佐子 : 翻訳家。国際基督教大学卒業。児童書のほかノンフィクションなど幅広い分野で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ほたて さん

    大丈夫とわかっていても(時系列遡った話だから)それでもハラハラする。このお話は仲間とのやりとりがじーんとくるので、ウィルだけ別行動の今回はちょっと読みにくかったかな。そのぶん短いエピローグは甘いご褒美のようで、エピローグを何度も反芻。またシリーズ1話から読みたくなった。

  • はる さん

    図書館本。残念!やはり物語りは順を追うほうが楽しい。遡ることこの冒険の前にはこんな冒険がありました…??そしてその冒険がなんとなく薄いヨウナキガスル。世界が狭くなったような気がする。砂漠でひりひりと乾くような気持ちで待ちすぎたのか?今度上巻下巻を揃えて一気読みしてみよう。

  • 今夜は眠れない さん

    大団円ということで、ホッとした。ウィル助かるとは思っていたけど・・・ カサンドラのたくましさと成長にはホールトならずとも舌をまく。これからが楽しみ。 エピローグが嬉しい。2度読み。

  • tellme0112 さん

    苦しい展開からの決着つくまでの爽快感がたまんない。そうだったそうだった。アラルエン戦記の良さって、こういうところだね。外交と軍事のバランスいいよな。見慣れない地理、見慣れない民族、見慣れない風習、…面白かった。言葉が通じて良かったよな…。上巻ではあんなに出てきたホールトの心配性が下巻で信頼に変わるのね。もう一度読見直したい。

  • tellme0112 さん

    図書館に返却前に再読。奪還のタイトルにふさわしい爽快感。仕事でつまづいたときはこんな冷静さが欲しいわ。と思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・フラナガン

オーストラリアを代表する児童文学作家。テレビシリーズの脚本家として活躍中に、12歳の息子のために物語を書きはじめる。『アラルエン戦記』シリーズは、ニューヨークタイムズベストセラーに60週以上ランクインしたほか、子どもたち自身が選出する賞や国内外の賞・推薦を多数受賞。シドニー在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品