ジョン・フラナガン

人物・団体ページへ

危難 アラルエン戦記 上|11

ジョン・フラナガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265050918
ISBN 10 : 4265050913
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
336p;20

内容詳細

カルト集団「アウトサイダーズ」は、ピクタへ逃れた。ウィル、ホラス、ホールトは慎重に追跡するが、暗殺者の待つ「死の森」に迷いこんでしまう。標的となったレンジャーらの闘いに息をのむ、その瞬間!

【著者紹介】
ジョン・フラナガン : オーストラリアを代表する児童文学作家。テレビシリーズの脚本家として活躍中に、12歳の息子のために物語を書きはじめる。その作品をふくらませ、『アラルエン戦記』シリーズの第一作目として刊行。シリーズを通してニューヨークタイムズベストセラーに60週以上ランクイン、子どもたち自身が選出する賞や国内外の賞・推薦を多数受賞、人気を不動のものとする。シドニー在住

入江真佐子 : 翻訳家。国際基督教大学卒業。児童書のほか、ノンフィクションの話題作を多く手がけるなど、幅広いジャンルで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tellme0112 さん

    依存症、催眠、カルトのつぎはこれか…。アラルエン戦記っていつも、自分自身の心(脳の働きというか…、認知、感情の抑制、判断…)と対峙するようなたたかいだよなあと思う。アクションシーンも好きだけど。このドキドキ感がたまらない。

  • くるみ さん

    最後の一行で号泣。

  • DARK さん

    なんか前半は、急にとげとげしくなったというか、なんだろこの感じ、ぞわぞわ?、ざわ…ざわ…(いや、それはない笑)、暴力沙汰が増えて、会話に皮肉が混じるようになったからかな。そして、最後、えーっマジか!どうなるんだろう…。次巻は来年発売予定だそうで、気長に待たなきゃね。アラルエン戦記は、久しぶりにはまったシリーズだったのでまた違う、はまれる作品を発掘しなきゃだな。

  • Abercrombie さん

    ここで次巻に続く、なのかあ。カルト集団を追う主人公一行の旅路。密輸業者、スコッティ人の急襲者たちとの戦いは、ユーモア交じりでのほほんと読んでいたが、暗殺者の待ち受ける森へ、誘いと知りつつ踏み込んでゆくホールトとウィルの姿には嫌な予感しかせず、読み進むのが辛かった。そして、衝撃の結末! 12巻がすぐ出るのがありがたい(11巻が出てるのを半年以上気づかなかっただけだが…)。

  • たー さん

    まさかこんな危難が待っているとは…。 まさかまさかで予想もしていなかったラストの展開。ウィルとホラスの心を思うと、悲しくて泣けてきます。 そして、次巻はまだ出ず…。こんな展開で終わるなんて、待てるわけないですよ。 しかし、ウィルはなんだか幼くなってる気が。一人立ちしたんじゃないの?って疑問はあるけど、師と一緒だとそうもなるのか? 面白いことは間違いないけど、次はみんなが機転を利かせて暴れまわる話が読みたいですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・フラナガン

オーストラリアを代表する児童文学作家。テレビシリーズの脚本家として活躍中に、12歳の息子のために物語を書きはじめる。『アラルエン戦記』シリーズは、ニューヨークタイムズベストセラーに60週以上ランクインしたほか、子どもたち自身が選出する賞や国内外の賞・推薦を多数受賞。シドニー在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品