卵を産めない郭公 新潮文庫

ジョン・ニコルズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784102200919
ISBN 10 : 4102200916
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
382p;16

内容詳細

舞台は60年代の米国東部の名門カレッジ。真面目で内気な学生ジェリーは、入学後すぐにお喋りで風変わりな女子学生プーキーと知り合った。彼女にふり回されながらも、しだいに芽生えていく恋…街角でのくちづけ、吹雪の夜の抱擁。だが、愛はいつしかすれ違い、別れの時が来る。生き生きとした会話が魅力の青春小説を、村上春樹が瑞々しいタッチで新訳する。“村上柴田翻訳堂”シリーズ。

【著者紹介】
ジョン・ニコルズ : 1940‐。カリフォルニア州バークレー生れ。作家、脚本家。ニューメキシコ州在住。これまで小説12作とノンフィクション8作を発表。ハリウッドで多くの脚本を手掛けた。『卵を産めない郭公』がデビュー小説

村上春樹 : 1949年京都生れ。『風の歌を聴け』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    村上春樹の翻訳小説も新作中心に結構読んでいます。いかにも村上春樹が好みそうな作品です。翻訳小説でありながら、村上春樹版アメリカン・グラフティといった感じです。本作のタイトルは直訳よりも旧作の「くちづけ」の方が好い気がします。まさにキス・キス・バン・バン!!!プーキーには逢ってみたい気はしますが、かなり重そうなので付き合うのは勘弁です(笑)

  • 巨峰 さん

    『ヘンテコな女の子に振り回される系の青春小説。』って書かれている他の方のレビューを見てまんまその通りだと思いました。プーキーという女の子、ほんととんでもない言動なのですが、主人公の奥手な男の子との距離が縮むにしたがってまともに見えてくるっていうのは、主人公の方から彼女の世界に近づいていったということだなって思いました。(続)

  • 佐島楓@勉強中 さん

    「ノルウェイの森」のみどりや「スプートニクの恋人」のすみれの原型がポーキーであるように感じられた。エキセントリックなヒロインへの恋、愛を交わしやがて別れるふたり、王道の青春小説。

  • tokko さん

    村上さんが翻訳したからポーキーが村上さんの小説の登場人物のように思えるのか、村上さんがこの小説の影響を受けたからなのか…。他の方のレビューにもありますが「ノルウェイの森」の「みどり」のような強引さと繊細さを兼ね備えた単純そうで複雑な人物はやはりポーキーの影響を受けているのでしょうね。他にも村上作品に影響を与えていそうな部分はあったけれど、上手な青春小説ってなんでこんなに読んでいて胸が苦しくなるんだろうか。

  • Eee さん

    江國さんの書評を読んでから読み始めました。 プーキーのハチャメチャさやそれに惹かれる男の子 青春という真っ只中に投げ入れられ、それまで抱いていた感情や自分のからというものを木っ端微塵に砕かれた男の子 青春だからこそできるバカ騒ぎなどカオスな場面が多いですが、とても楽しく読めました 女にお酒に車 まだドラッグも流行していない お酒こそが最大の悪の時代の青春ストーリー

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・ニコルズ

1940‐。カリフォルニア州バークレー生れ。作家、脚本家。ニューメキシコ州在住。これまで小説12作とノンフィクション8作を発表。ハリウッドで多くの脚本を手掛けた。『卵を産めない郭公』がデビュー小説

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品