幼児殺人の快楽心理 FBI心理分析官ファイル

ジョン・ダグラス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198613013
ISBN 10 : 419861301X
フォーマット
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
414p;20

内容詳細

FBI心理分析官としての25年の経験に基づき、親による虐待を含む子どもに対する犯罪を描く。誘拐犯の見分け方、その手口、犯人のプロファイリングから子どもの守り方までを紹介する。

【著者紹介】
ジョン・ダグラス : FBIに25年間勤務。『FBI心理分析官』のロバート・K・レスラーの同僚。行動科学に基づく犯人像の絞り込み、いわゆるプロファイリングの草分け的存在として数々の重大事件にあたっている。自身の著作も多く、『快楽殺人の心理』『FBIマインドハンター』などがベストセラーとなった

福田素子 : 東京大学教養学部卒。英米文学翻訳家。おもな訳書に『魔女の刻』シリーズ全4巻(アン・ライス)『小説モーセ』(ジェラルド・メサディエ)いずれも小社刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・ダグラス

ニューヨーク市ブルックリン生まれ。空軍を経て1970年、FBIの特別捜査官となる。1977年、クワンティコのFBIアカデミー行動科学課に配属され、同課がふたつに分課されたのち90年に捜査支援課の課長に就任。25年にわたるキャリアのあいだに何千件もの凶悪事件を手がけた。95年にFBIを退職、以降は自ら

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品