ジョン・コールマン

人物・団体ページへ

300人委員会凶事の予兆

ジョン・コールマン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784880861067
ISBN 10 : 4880861065
フォーマット
出版社
発行年月
2000年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
411p;20

内容詳細

金融崩壊、IT革命の裏、殺人ウィルス…死の危険を冒してまでのジョン・コールマン警告はすべてが現実となってしまった。しかし―本書の戦慄予言だけは的中しないことを心から切望する。

目次 : 決定版論考、ローマクラブの醜悪な素顔/ 全世界に死と恐怖をもたらす「グローバル2000」/ 大量殺戮計画「グローバル2000」は加速している/ 黙示録は目前に迫っている/ IT革命の未来はエレクトロニクス強制収容所/ 陰謀家に利用されるキリスト教原理主義〔ほか〕

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・コールマン

1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6課(MI6)将校。任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全世界人類と諸民族国家の敵である事実を偶然入手した極秘文書によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカに移住、帰化。以後40

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品