ジョン・グリシャム

人物・団体ページへ

無実 上 ゴマ文庫

ジョン・グリシャム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784777150373
ISBN 10 : 4777150372
フォーマット
出版社
発行年月
2008年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
白石朗 ,  
追加情報
:
15cm,332p

内容詳細

1982年、オクラホマの小さな町で21歳のウェイトレスが何者かに強姦され殺された。警察の捜査は行き詰まったかに見えたが、事件から5年後、地元に住む元野球選手とその友人が唐突に逮捕された。物的証拠は皆無、全米を震撼させた冤罪事件のはじまりだった…。リーガル・サスペンスの巨匠が挑んだ初のノンフィクション作品。

【著者紹介】
ジョン・グリシャム : 1955年生まれ。ミシシッピ州立大学、ミシシッピ大学ロースクールを卒業後、弁護士として活躍。1983年から90年にかけては、ミシシッピ州議会の議員を務める。89年に『評決のとき』で作家としてデビューする

白石朗 : 1959年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kayoko さん

    ノンフィクションというだけあって、いつもの小説を読んでるような面白さは少ないが… 本当なのこれ?こんな事があっていいの?という驚きはかなりあった。この先どうなるの?と思いながら下巻へ

  • としピース さん

    「無実」は、オクラホマ州のエイダという町で実際にあった冤罪事件の、ノンフィクションである。ジョン・グリシャムの唯一のノンフィクション作品である。フィクションでもこんなに無能で怠惰でずさんで差別的な人たちは登場しないだろう。そんな人間たちが関わった裁判記録が、グリシャムによって白日のもとにさらされた。検察に仕立てられた冤罪事件が後を絶たない我が国も他人事ではないのである。戦慄のノンフィクションである。

  • なしかれー さん

    ジョン・グリシャムに白石訳となれば、これは手に取らないわけにはいかない。けれどもどうもしっくりこない。視点が定まっていない感じで、深く読み進めない。力不足か。。。下巻へ。

  • うたまる さん

    「天におられる主キリストは、わたしの無罪をご存じです。わたしはただ、みなさんを赦すということ、それをいいたかっただけです。みなさんのために祈ります」……1980年代にアメリカのオクラホマ州で起こった2件の冤罪事件についてのノンフィクション。同じ場所、同じ捜査機関、同じ手法で生み出された冤罪。これは完全にシステムのエラーだろう。特に気になったのが司法取引という制度。これがあるため事実究明が進むという利点はあるが、反面減刑を目論んだ悪意ある密告者が後を絶たない。嘘だらけの裁判で公正さなんて担保できるのか?

  • さくらぼん さん

    久しぶりの洋書です。ノンフィクションということで、実際にあった冤罪事件を扱っている。レイプ被害者や冤罪の被害者の写真が出てきたりして、ぞくっとする。デニス・フリッツ氏、本当に災難。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・グリシャム

1955年生れ。ミシシッピ州立大学、ミシシッピ大学ロースクールを卒業。’81年から’91年まで弁護士として活躍、’84年から’90年まではミシシッピ州の下院議員もつとめた

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品