チンパンジーとさかなどろぼう タンザニアのおはなし

ジョン・キラカ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001108736
ISBN 10 : 4001108739
フォーマット
出版社
発行年月
2004年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23×30cm,26p

内容詳細

チンパンジーのソクベは魚をとる漁師。ある日、ソクベの魚が食いしんぼうの犬に盗まれてしまい、村中はみんな大騒ぎに…。鮮やかな色彩とユニークな構図で描かれた印象的な絵本。

【著者紹介】
ジョン・キラカ : 1966年、タンザニアの南西部生まれ。農夫や猟師を経験したのち、父と同じく、漁師になったが、兄が技師になるために首都ダルエスサラームに移るとき、ジョンも同行した。画家仲間といっしょに、「ヴィレッジ・ミュージアム」という工房で仕事をし、作品の販売もしている。現在は、コミック画家としての腕をみがいている

若林ひとみ : 1953年生まれ。東京外国語大学ドイツ語科卒業。外資系銀行、雑誌編集部勤務ののち、フリーで、通訳、日独マスコミの取材コーディネーター、ライター等の仕事をおこなう。アンティークのクリスマスグッズやドールハウスのコレクター・研究家でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しほきち さん

    光村教育図書の二年生の国語で紹介されている本。タンザニアのお話。色彩が鮮やか。チンパンジーの漁師から何度も魚を盗もうとする狡い犬。犬のせいでライオンが骨折してしまい裁判沙汰に。有罪と言ってもお仕置き程度で動物たちはチンパンジーを優しく許してあげる。

  • いろ さん

    読友さんご紹介で気になっていたところ,小2国語でも紹介されていたので借りる。漁師チンパンジーと友達の犬,そしてご近所仲間の動物達との人間模様。とことん貪欲で悪者の犬。仲間のピンチをそれぞれの目配りで助けてくれるご近所さん達。犬は最後に裁かれるが,罪人を傷つける罰でなく,社会?自然?に還元されるものというところが微笑ましい。7歳男児には気持ちの機微はあまり伝わらず。パンク修理のライオン・蛙病院・サッカーボールの動線といった絵が面白かったとの事。タンザニア作者だからか,日本にない動物の描き方も興味深い。

  • いっちゃん さん

    なんだか内容がごちゃごちゃというか、もう少し、スッキリしてる方が良い気がしたけど、内容は道徳的。絵も個性的で凄く良い。

  • 紅花 さん

    意表を突く展開も無く、淡々と何となく先が読める話。でも、南の国の大らかな人びと(動物たち)の様子や、大自然の雰囲気が文章や絵から感じることが出来る。小6息子案外気に入った様子。

  • 遠い日 さん

    キラカの物語は、罪、許し、信頼と友情といったテーマで、わかりやすい。そして、きっと最後には一度は友情を紡いだ相手を許すところが、懐の深さを感じさせて、好きなのだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・キラカ

1966年タンザニアの南西部スンバワンガに生まれる。1987年タンザニアの大都市ダルエスサラームに移り、1990年にはヴィレッジ・ミュージアムでティンガティンガ派の画家ピーター・マーティン・チャウガンガから絵を学び、独自の画風を確立。その後タンザニアの村々をまわって昔話を集め、タンザニア、ドイツ、ス

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品