Hi Quality CD

ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィル、ムター/ライヴ・イン・ウィーン(MQA/UHQCD)

ジョン・ウィリアムズ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG40107
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
限定盤

商品説明

『スター・ウォーズ』、『レイダース』、『E.T.』…
心躍るメロディが最高のサウンドで甦る!
最高峰のオーケストラが燃えた、白熱のライヴ録音


【MQA-CD】【UHQCD】【グリーン・カラー・レーベルコート】【生産限定盤】
グラミー賞受賞25回、アカデミー賞受賞5回、エミー賞5回、ゴールデン・グローブ賞受賞4回…。50年以上にわたりハリウッド映画音楽のトップランナーとして君臨するレジェンド、ジョン・ウィリアムズ。現代で最も支持を集める「映画音楽の神様」のヒット作品、『スター・ウォーズ』『レイダース』『ジュラシック・パーク』『E.T.』『ジョーズ』などなど、全ての世代に愛される作品のあの音楽を、最高の演奏と最新の録音で収録。
 ジョン・ウィリアムズが自身の代表作を振ったウィーン・フィルへの指揮デビュー公演(2020年1月18&19日)、白熱のライヴ録音!
 歴史的事件! 大衆娯楽の王様である映画を彩る音楽が、音楽の都ウィーンのラシックの殿堂、あのニューイヤー・コンサートの会場ムジークフェラインの黄金のホールに朗々と響く。
 しかも演奏はクラシック音楽の伝統と精神を脈々と受け継ぐ世界最高のオーケストラ、クラシックのスーパー・エリート、ウィーン・フィル。現代の大衆娯楽と伝統的な芸術の幸福な出会いという意味でも歴史的な公演。演奏前からスタンディング・オベーションで熱狂する聴衆と、演奏者たちの気合のこもった白熱の演奏が全てを物語っています。(メーカー資料より)

【収録情報】
01. ネヴァーランドへの飛行(『フック』から)
02. 『未知との遭遇』から抜粋
03. 悪魔のダンス(『イーストウィックの魔女たち』から)
04. 地上の冒険(『E.T.』から)
05. 『ジュラシック・パーク』のテーマ
06. ダートムア、1912年(『戦火の馬』から)
07. 鮫狩り - 檻の用意!(『ジョーズ』から)
08. マリオンのテーマ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)
09. メイン・タイトル(『スター・ウォーズ/新たなる希望』から)
10. レベリオン・イズ・リボーン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から)
11. ルークとレイア(『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』から)
12. 帝国のマーチ(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』から)
13. レイダース・マーチ(『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』から)


 アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン 3,13)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ジョン・ウィリアムズ(指揮)

 録音:2020年1月、ウィーン(ライヴ・レコーディング)

内容詳細

映画音楽界の巨匠、ジョン・ウィリアムズがウィーン・フィルを振って、自作の映画音楽を演奏するというこの上ない贅沢なアルバム。演奏前から興奮する観客を前に、オーケストラも白熱の演奏を繰り広げている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まずはブルーレイで鑑賞。そのあとCDおよび...

投稿日:2020/11/22 (日)

まずはブルーレイで鑑賞。そのあとCDおよびブルーレイ・オーディオでも鑑賞。素晴らしい映像と音質に大満足。そのあと、プログラムの配列とかブルーレイとCDの曲目の違い等を検討して、ふとムターまで参加しながら、なぜ名曲「シンドラーのリスト」が含まれないのだろうと疑問に思った。反ユダヤ主義の総本山の一角でもあったウィーンではやはり演奏できないのかとおもったりした。だからといって、この音盤にケチを付ける気は毛頭ございませんから、念のため申し添えておきます。ジョン・ウィリアムズのサントラのほとんどを所有する身にとって、この音盤は思いがけない僥倖でした。

ねこ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
スタジオの音楽家、ジョン・ウイリアムス(...

投稿日:2020/09/04 (金)

スタジオの音楽家、ジョン・ウイリアムス(以下JWと記す。)が、コンサート会場でどのような音楽作りをするのか?ウイーンフィルがどのような演奏をするのか。以上、興味がわく作品。見ての通り、聴衆の熱狂ぶりから、結果は成功。 様々な指揮者に対応してくたウイーンフィルがJWの指揮にも合わせることができたからでしょう。その演奏は素晴らしい演奏会会場の音響により増幅され録音されたと思えば、出来は悪かろうはずはない。特にウイーンフィルの金管の音の柔らかい深さには脱帽2020年1月録音ですから、コロナ前の最後の録音の一つ。前作、across the starsでJWの音楽への扉を私に開いたアンネ・ゾフィー・ムターの共演にも感謝したい。

なかのも さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
オーケストラの音楽が如何に良いかを多くの...

投稿日:2020/09/03 (木)

オーケストラの音楽が如何に良いかを多くの人達に実感させてくれる素晴らしいディスクです。特に、ブルーレイで見る画像は、とても美しく大画面のディスプレイでも思わず見入ってしまいました。さて、演奏ですが、全体的に抑えめのテンポで、ウィーンフィルの音の美しさを引き立たせており、特に、ホルンと弦楽器群の音は、他のオーケストラでは、絶対真似のできない、素晴らしいものです。ジョンウィリアムズの指揮は、確かに隙が多く、残念な感じもありますが、何と言っても自らが造った名作を慈しみながら、演奏している様は、我々がとても批判できるものではありません。また、ムターのヴァイオリンも後にいく程、素晴らしい冴えを見せていくのも興味深いです。何れにしても、コロナ禍直前に、このコンサートが開けたことに感謝するしかありません。是非、ブルーレイで見て、聴いてください。なお、余談ですが、このウィーンフィルの使用している、いくつかの特有な楽器は、とある日本のメーカーが多くの苦難を通して、彼らの強い要望を受けて蘇らせてものであることを、最近、ある書籍で読みました。これらの演奏を聴いて、より一層誇らしく感じました。

ふなし さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・ウィリアムズ

主にスピルバーク作品や、ボストン・ポップスの常任指揮者として日本にも来日したことがあるとして、映画音楽界でもその名を知らない者はいない、大御所 ジョン・ウィリアムズ。”スター・ウォーズ”シリーズは勿論、”おしゃれ泥棒”や”哀愁の花びら”などのソフィスティケイテッド・ムーヴィーから、ちょっぴりコミカルなB級SF”宇宙家族ロビンソン”、さらには”ジョーズ””タワーリング・インフェルノ”のようなパニック

プロフィール詳細へ

ジョン・ウィリアムズに関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品