ジョン・ウィリアムズ (小説家)

人物・団体ページへ

ブッチャーズ・クロッシング

ジョン・ウィリアムズ (小説家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861826856
ISBN 10 : 4861826853
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
352p;20

内容詳細

『ストーナー』で世界中に静かな熱狂を巻き起こした著者が描く、十九世紀アメリカ西部の大自然。バッファロー狩りに挑んだ四人の男は、峻厳な冬山に帰路を閉ざされる。彼らを待つのは生か、死か。人間への透徹した眼差しと精妙な描写が肺腑を衝く、巻措く能わざる傑作長篇小説。

【著者紹介】
ジョン・ウィリアムズ : 1922年8月29日、テキサス州クラークスヴィル生まれ。第二次世界大戦中の1942年に米国陸軍航空軍(のちの空軍)に入隊し、1945年まで中国、ビルマ、インドで任務につく。1948年に初の小説、Nothing But the Nightが、1949年には初の詩集、The Broken Landscapeが、いずれもスワロープレス社から刊行された。デンヴァー大学で文学を専攻し、学士課程と修士課程を修めたのち、ミズーリ大学で博士号を取得した。1954年デンヴァー大学へ戻り、以降同大学で30年にわたって文学と文章技法の指導にあたる。1994年3月4日、アーカンソー州フェイエットヴィルで逝去

布施由紀子 : 翻訳家。大阪外国語大学英語学科卒業。訳書に、ケイティ・バトラー『天国の扉をたたくとき』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    For nothing。平原を走るバッファローの群れと馬に乗って狩るインディアンがページの後ろにいる。かつて北米大陸で共存していた彼らは、共に今は数少ない保護区にいるだけ。インディアンは、バッファローの肉を食し、皮で暖を取り、皮を裂いて丈夫な紐とし、骨を武器にした。そのバッファローをひたすら駆るミラーたち。彼らには彼らの生きる目的とロマンがある。何千頭もの群れがどんどん倒れ、数百の群れになって走る。ひたすら剥いだ皮を集め、肉は打ち捨てる。点々と広がる腐った肉。剥いだ皮すら…。すべてはfor nothing

  • 白のヒメ さん

    西部開拓時代。流行っていたバッファローの毛皮を取るため、都会から来た若い主人公に資金を提供され、彼を含む四人の男が大草原に狩猟に向かう。乱獲され数の減ってしまったバッファローの大群をなんとか見つけて大虐殺の末、大量の毛皮を手に入れるのだが・・。ストーナーの静謐な筆致とはまるきり作風が変わって、荒野に獲物を追い求める男達の物語は力強くたくましい。金の為のホロコーストは臭ってくるような生々しさで虚しさを孕み、主人公に死という虚無の淵を覗きこませる。その先を歩む主人公はどこへ行くのだろう。後を追ってみたい。

  • ヘラジカ さん

    アメリカの都市部に生まれた青年による、もう一つのアメリカを知るための通過儀礼的な冒険。猛然と牙をむく自然の、恐ろしいまでの精緻な描写によって、読者は主人公と共に過酷な大地の洗礼を受ける。大迫力でヴィヴィットな読書体験。クライマックスでの雪片が舞い始めるシーンの緊張感には舌を巻いた。『老人と海』を想起させる後半の展開とラストの虚無感を含めても、厳しいまでに「現実的」な小説である。フロンティアスピリットの終焉を暗示するかのような終わり方が、胸に穴が空いたかのような読後感を残した。

  • ロドリゲス さん

    アメリカの西部開拓時代を背景にバッファロー狩りを描いた作品。 1人の青年が新しい自分に出会い、揺るぎない自己を確立させようとしています。仲間との人間関係の葛藤、猛威を奮う大自然との戦いを経て人間として成長する。しかし、それは逆に触れてはいけないものに触れてしまう事になる。成長と共に大きなものを失ってしまったのだ。 主人公の背中にそう感じました。 情熱的で荒々しさを感じながらも、読後は美しさと静寂を感じました。 ★★★★★

  • ネコベス さん

    自然の中で暮らすことに憧れるアンドリュースはカンザス州の小さな町へとやって来た。猟師ミラーとコロラド山中にバッファロー狩りへと旅立つ。四人のメンバーは道中水を失い渇きに苦しみながら目的地に辿り着く。皮を剥ぐ仕事にも慣れ逞しくなるアンドリュース。しかし狩りは長引き雪が舞い始め一行は猛烈な吹雪に見舞われる。苛烈な自然との闘いを淡々とした筆致で臨場感溢れる場面を克明に記したサバイバル小説。雪の降り始めた瞬間の一行の絶望感が印象に残る。皮はぎや食事、弾造りのシーン等の緻密な描写が静謐な物語に濃密さを加えている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品