ジョン・アーヴィング

人物・団体ページへ

サイダーハウス・ルール 下 文春文庫

ジョン・アーヴィング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167309657
ISBN 10 : 4167309653
フォーマット
出版社
発行年月
1996年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
526p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NAO さん

    望まぬ妊娠に苦しむ女たち、孤児たち、病人、怪我人と、多くの弱者が描かれている。一見暴力的で、ひどい内容のようにも見えるが、弱者たちを決して陰に潜ませたままにはしておかない彼の作品には、弱者への愛が溢れている。猥雑で、登場人物や出来事が象徴的な役割を持って描かれるアーヴィングの作品の中で、『サイダーハウス・ルール』は、かなりストレートに描かれた作品だと思う。違法行為と知りながら中絶手術を行う医師の話だが、不快感はない。何より、ホーマーがラーチ医師の本当の気持ちを最後にちゃんと理解できたのがよかった。

  • ジュンコ さん

    上手に言葉にできそうにない、この読後感。読みながら温かい気持ちにも、切ない気持ちにもなった。今言えるのはこの本を読めてよかった、ということ。ホーマーやラーチ先生に会えてよかった。「おやすみ、メインの王子たち、ニューイングランドの王たちよ。」

  • やまぶどう さん

    規模の大小を問わず、人が暮らす社会にはルールがある。そしてそのルールが必ずしも正しいとは限らない。滔々と語られるホーマーと、ホーマーを取り巻く二つのコミュニティの物語、そしてそれぞれのルールとその価値。アーヴィングの眼差しはあたたかく、読み終えて胸が熱くなる。既読のものも含めて、アーヴィングの作品を集中的に読みたくなった。(しつこいようだけど、この作品が絶版なのは本当に残念)

  • tokko さん

    長い長い物語が終わった。あまりの冗長さに何度も挫折しそうになったけれど、残り200ページあたりから一気にストーリーが動くのでやめられなかった。とても重いし長いし、再読はまとまった時間が出来てからかなぁ。あ、でも映画はぜひ観てみたい。このボリュームをどうやって圧縮したんだろう?

  • メセニ さん

    いつでもお仕着せのルールを作るのは実情を知らない連中。孤児院のあれこれも、サイダーハウスの規則もそう。そこで生きる者にとって、それらがいかに現実に即さず、無意味で、人生を窮屈にするか。けれど…僕ら自身にしても少なからずそのことに荷担している。ホーマーは孤児院と対をなす果樹園での生活を始めるけど、自ら招いた”突飛な家族関係”のなか苦悩する。もし”ルールを破る”時が来るならば、それは「人の役に立つ」時の他ない。哀しみも可笑しみも全部受け入れた時、ルールから少し踏み出すことで見える景色がある。そうだろホーマー?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョン・アーヴィング

1942年、アメリカ、ニューハンプシャー州生まれ。プレップ・スクール時代からレスリングに熱中。ニューハンプシャー大学、ウィーン大学等に学ぶ。65年よりアイオワ大学創作科でカート・ヴォネガットに師事。68年『熊を放つ』でデビュー。映画化された『サイダーハウス・ルール』では自ら脚本を手がけ、アカデミー賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品