ジョルダーノ (1867-1948)
新商品あり

ジョルダーノ (1867-1948)

ジョルダーノ (1867-1948) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

ウンベルト・ジョルダーノUmberto Giordano, 1867年8月28日フォッジャ - 1948年11月12日)はイタリアのオペラ作曲家。

南イタリアの町フォッジャ生まれ。13歳でナポリ音楽院に学ぶ。在学中実家の経済状態が悪化し、一時退学して地元のオペラ劇場でアルバイトをしながら糊口をしのぐが、学校関係者の尽力で復学する。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

商品ユーザーレビュー

47件

すべてのユーザーレビューを見る(47件)

  • 恐らくパヴァロッティの残っている最後の舞台映像。 ...

    投稿日:2019/09/13

    恐らくパヴァロッティの残っている最後の舞台映像。 1997年のMETの映像だが、このDVDが出たのはパヴァロッティが2007年に亡くなった後の2011年で、国内盤は結局出なかった。この輸入盤はリージョンフリーで再生は問題ないが日本語字幕はない。DGが出している1996年のドミンゴとフレー二のフェドーラのDVDもそうだが、この時期ならHD収録でも良さそうなのに残念ながらSD画質だ。画質・音質はDVDとしては決して悪くないが、舞台を映すというよりは歌手のアップ中心のカメラ割りで、今にしてみると80年代風の撮り方だ。METは2006-7年のシーズンからライブビューイングでHD映像を世界に配信しているが、METの映像収録は元々は米国内向けのテレビ放送が主な目的だったのでHD化は日本や欧州より遅れていたのだ。フレー二や3大テノールの舞台映像がHD画質で残っていないようなのは残念だ。ドミンゴとショルティのザルツブルグでの仮面舞踏会はオリジナルはNHKのハイビジョン収録だが、DVDで出ているのはHDソースを元にブライアン・ラージがSD画質で編集し直したソースだ。  さてこの演奏は、晩年少し声が重たくなったパヴァロッティが(確か)舞台で初めて歌ったアンドレア・シェニエだ。スタジオ録音では1984年盤が知られるが、声の成熟を待って満を持した舞台と言えるだろう。晩年だいぶ太ったパヴァロッティだが、十分凛々しい。グレギーナとポンスも適役で、このドミンゴとカプッチルリのウィーンのDVDと並んでこの作品の代表的な演奏と言って良いと思う。2020年の生誕75周年記念でぜひ国内盤を出してはどうだろうか? ただレヴァインがポンスのアリアの後で棒を止めて拍手を浴びているのはMETらしいが、催促しているみたいで私はこういうのは好きではない。  1990年代以降のパヴァロッティは横浜アリーナや東京ドームなどでマイク付きのスタジアムコンサートが多くなり、オペラの舞台に立つことは少なくなった。しかしMETの舞台には愛の妙薬、トゥーランドット、仮面舞踏会、アイーダ、トスカと2004年までコンスタントに出演し、2004年3月のオペラの引退舞台もMETのトスカだった。この1997年のアンドレア・シェニエの映像は恐らくパヴァロッティの最後の舞台映像だと思われる。1995年のトスカも米国ではDVD化されていたのでぜひ国内盤も出してほしい。

    みんなのまーちゃん さん

    0
  • 『フェドーラ』は短い作品だが、ロシアが舞台だけに音...

    投稿日:2013/08/23

    『フェドーラ』は短い作品だが、ロシアが舞台だけに音楽にも異国趣味が感じられる作品だ。 ゲオルギューとドミンゴという取り合わせも興味深い。 ドミンゴとヴェロネージによるドイツ・グラモフォンの録音はプッチーニの珍しい歌劇『エドガー』。プッチーニの知られざる作品を集めたアルバムやこれまた珍しいレオンカヴァッロの歌劇『メディチ家の人々』、交響詩『五月の夜』などがある。 マスカーニの歌劇『友人フリッツ』の録音もあるがこの録音はテーノルがドミンゴでないのが残念だ。 ドミンゴは『フェドーラ』を舞台で何度も歌っているが録音はこれまでなかったので録音に残したということなのだろが、ドミンゴの年齢(テノールとしての年齢)から考えても『友人フリッツ』の方が役に合っているように思う。

    ユローヂィヴィ さん

    0
  • こだわりクラシックにも書いたが、DG盤とは違った意味...

    投稿日:2010/02/24

    こだわりクラシックにも書いたが、DG盤とは違った意味で良い演奏だと思う。主役は一緒でもオケの傾向はかなり違うのでDG盤を持っている人も聞く価値がある。国内盤も出して欲しいものだ。

    たか さん

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ジョルダーノ (1867-1948)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%