ジョルジョ・アガンベン

人物・団体ページへ

事物のしるし 方法について

ジョルジョ・アガンベン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480847188
ISBN 10 : 4480847189
フォーマット
出版社
発行年月
2011年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,184,11p

内容詳細

パラダイム、しるし、哲学的考古学を起点として織りなされる、アガンベン版方法論序説。ホモ・サケル、回教徒、強制収容所…。これらはどのように思考されてきたのか。アガンベンによる人文科学の方法論。

【著者紹介】
ジョルジョ・アガンベン : 1942年生まれ。ローマ大学卒業。過去にパリ国際哲学コレージュ、ヴェローナ大学、ヴェネツィア建築大学などで教鞭を執った。専門は哲学・美学

岡田温司 : 1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。現在は京都大学大学院教授。専門は西洋美術史・思想史。著書に『モランディとその時代』(2003、吉田秀和賞)、『フロイトのイタリア』(2008、読売文学賞)など

岡本源太 : 1981年生まれ。京都大学大学院博士後期課程研究指導認定退学。博士(人間・環境学)。現在は関西大学・京都造形芸術大学非常勤講師。専門は哲学・美術史・思想文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョルジョ・アガンベン

1942年ローマ生まれ。イタリアの哲学者

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品