ジョルジュ・バルビエ

人物・団体ページへ

ジョルジュ・バルビエ

ジョルジュ・バルビエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784403650031
ISBN 10 : 4403650031
フォーマット
出版社
発行年月
1993年10月
日本
追加情報
:
18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アリスのうさぎ さん

    とても美しい色彩と、わざとらしくポーズをとったかのような静止画とがなぜかしっくり合うのはこの時代だからでしょうか。ひらひらがぴらぴらにならないあと一歩のところで踏みとどまる美。退廃的になりそうな危うさを秘め、恍惚と見つめあう男女の視線の中にある嘘とたくらみ。わあ、綺麗とだけ眺められない駆け引きが見えてしまう。単純でないものにむしろ魅かれるのです。

  • R氏 さん

    熱っぽいいかさま男と焦らしテク満載の尻軽女、とても美しい絵なのに皆そのように見えてしまう不思議に心が弾む。「ひだ飾りとレース」とはよく言ったもので、この美しさにはふんわり感とどこか脆く千切れてしまいそうな繊細さがあり、にもかかわらずのいかさまと尻軽、それは滑稽な表情にあるのだった。ねちっこい濃い顔に愛は驚くほどよく似合い、男の騙り、女の見せ掛けのうぶが大根役者のごとく大袈裟なのだ。笑える。なのだけれど、私が最も好きな絵は「蝶々」。ただひたすら色彩と構図と女たちが美しい。結局は美しいのが一番である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品