ジョルジュ・シムノン

人物・団体ページへ

メグレと首無し死体 河出文庫

ジョルジュ・シムノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309461991
ISBN 10 : 4309461999
フォーマット
出版社
発行年月
2000年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
237p;15

内容詳細

サン・マルタン運河から男のバラバラ死体があがった。例によって首だけは見つからないので身許は確認できないが、鑑識の結果、年齢は五十すぎ、長時間立ったまま過ごす職業で、湿った地下室に出入りし、ぶどう酒を扱う者と推定された。メグレは、その日たまたま立ち寄った居酒屋のことを思い出していた。そしてその店の、痩せた褐色の髪の女主人の姿を…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ネコベス さん

    パリの運河から男の片腕が発見された。メグレ警視が川底を探索させると脚や胴体が発見されるが首だけは見つからない。死体の爪や足の形から被害者は居酒屋勤めだと推察したメグレは偶然入った現場付近の居酒屋の女主人の極端に不愛想な態度に興味をひかれる。ミステリとしては偶然頼みが過ぎてダメな部分が目に付くが、女主人アリーヌの秘められた過去をストーリーの中心に置いて、猟奇的な首なし事件よりも謎めいた人物アリーヌの人生の浮沈をしっとりとした筆致で描いている。

  • Iwata Kentaro さん

    本書を最初に読んだのはたぶん小学生の時。父がとっていたリーダーズダイジェストの付録がミステリー集だったのだ、記憶はぼんやりだが。たしかフレミングとかハメットとかチャンドラーとか渋めの作品が並んでいてそのひとつが本作だったと思う。当時、これをどう考えたかは覚えていないが、メグレものをその後集めて読まなかったのを考えるとあまり感動しなかったのだろう。シムノンの作品は疲れて寂しくてネガティブな中年オヤジが読む本だと思う。小学生が読むものではない。傑作です。ようやく僕もメグレを楽しめるくたびれたオヤジになったのだ

  • ありさと さん

    ワイダニット。シムノンの書く、というかメグレの見る犯人の描かれかたはとても肌に馴染む。

  • 康芳英 さん

    事件解決の切っ掛けがあまりにも偶然すぎるけど、物語の主眼はメグレが一人の人間を理解しようと奮闘することなので問題なし。もちろんその人物はメグレでなくても興味惹かれる人物として描かれている。

  • ちび丸 さん

    ★★★★(再読)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョルジュ・シムノン

1903‐1989。ベルギー、リエージュ生まれ。中等学校を中退後、職を転々とした末、「リエージュ新聞」の記者となる。1919年に処女作“Au Pont des Arches”を発表。パリへ移住後、幾つものペンネームを使い分けながら、大衆雑誌に数多くの小説を執筆。「怪盗レトン」に始まるメグレ警視シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品