ジョルジュ・シムノン

人物・団体ページへ

メグレと殺人者たち 河出文庫

ジョルジュ・シムノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309461946
ISBN 10 : 4309461948
フォーマット
出版社
発行年月
2000年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
269p;15

内容詳細

メグレ警視のところに、見知らぬ男から電話がかかってくる。数人の男からつけ狙われ、生命が危いと告げ、助けを要請する。メグレは男の告げた場所に刑事を派遣するが、彼はすでに立ち去ったあとであった。深夜、電話の主とおぼしき男の死体がコンコルド広場で発見される…。死体の見許割出しから犯人逮捕まで、推理とサスペンスをリアルな筆致で描く最高傑作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆのん さん

    【kindle】【メグレ警視シリーズ1作目】見知らぬ男達につけられている。殺される、助けて…という電話がメグレ警視の元にかかってくる。電話の主は人混みを選び様々な場所から電話をしてくる。メグレ警視は部下と共に捜査に乗り出すが…。アガサ・クリスティのポアロを完璧とするならば少し抜けた所を感じるメグレ警視。人間味に溢れ親しみが湧く人物像。メグレ警部シリーズをすっとばして読んでしまったがかなり楽しめた。メグレ夫人も好印象。358

  • うぃっくす さん

    初メグレシリーズなんだけど雑に読んでたら何が起きて誰がどうなってるのか全然わかんなかった。気づいたらすごい重大事件の話になってて、え、その話いつでたっけ?みたいな置いてけぼり感。パリの街を動き回るのはいいね。行ったことないけど。あと何冊か読んでみないとだめだね。

  • ホームズ さん

    ミステリと言うよりもサスペンスかな。警察小説? 何度もメグレに電話をし助けを求めた男が殺害された。男は何者なのか?捜査を進めるうちに表れる凶悪な強盗団。 ちょっと読みにくい感じを受けてしまった(--;)とりあえず他のも読んでみようかな。

  • Iwata Kentaro さん

    今の所、メグレシリーズ最高傑作。犯人とのxxxがないのにミステリーとして成立する素晴らしさ。のめり込みました。

  • ちび丸 さん

    ★★★(再読)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョルジュ・シムノン

1903‐1989。ベルギー、リエージュ生まれ。中等学校を中退後、職を転々とした末、「リエージュ新聞」の記者となる。1919年に処女作“Au Pont des Arches”を発表。パリへ移住後、幾つものペンネームを使い分けながら、大衆雑誌に数多くの小説を執筆。「怪盗レトン」に始まるメグレ警視シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品