ジョルジュ・シムノン

人物・団体ページへ

ブーベ氏の埋葬 シムノン本格小説選

ジョルジュ・シムノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309205571
ISBN 10 : 4309205577
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204

内容詳細

第2次大戦直後のパリ、8月のある朝、セーヌの河岸通りの古本屋の店頭でブーベ氏が急死する。身寄りもいないと言われていた彼の写真が新聞に出ると、複数の人が関係者だと現れる。ブーベ氏とは一体何者なのか。

【著者紹介】
ジョルジュ・シムノン : 一九〇三‐一九八九。フランスの小説家。ベルギーのリエージュの貧しい家庭に生まれる。十五歳で学校をやめ、菓子屋、本屋などに勤めた後に十六歳で地方紙の記者になり、十七歳で処女作『めがね橋で』を発表して作家デビュー。二十七歳で発表した『怪盗レトン』からはじまる“メグレ警視シリーズ”は八十四篇を数え、各国語に翻訳されて世界的な名声を博す

長島良三 : フランス文学翻訳家。1936年東京生まれ。明治大学文学部仏文科卒業。早川書房編集部を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    メグレ警視シリーズで名高いジョルジュ・シムノンの"本格小説"の1冊。帯にはジッド、モーリアック、アナイス・ニン、ヘンリー・ミラー絶賛との惹句が。メグレを含めてシムノンは初読。物語は、セーヌ河岸の古書店の前で突然に亡くなった隠居老人ブーベ氏の過去がしだいに明らかになってゆくという構想。一昔前のパリの風情と、フランス文学らしい香りに包まれる小説。全体の色調はまさにセピア色だ。孤高の小説のようにも見えるが、パトリック・モディアノがこの衣鉢を継いだのでは、と想像してみたりする。芦澤泰偉の装丁もいい感じだ。

  • mizuha さん

    ブーベ氏の死がもたらした謎。彼は何者だったのか。ブーベ氏の過去が明らかになるのに伴って、人生の所々で捨て去った者たちの過去もまた浮き彫りになっていく。パリを舞台に、メグレ警視シリーズのシムノンが描き出す洒落た物語。

  • りつこ さん

    何者でもあって何者でもない。ブーベ氏の隠された過去が明らかになればなるほど、その人柄がぼやけてくるという不思議。特に悩んでいるのでも苦しんでいるのでもなく、仕事や結婚、しがらみ、関係を築いては壊し逃げる。その生き方は不可思議ではあるが、分からないではないのだ。最後は浮浪者になることを夢見ていたのだろうか。決して明るくはないのだが暗くもない、不思議な読後感。

  • ホームズ さん

    シムノンは2作目。死んだブーベ氏の過去にまつわる人々が続々登場し死者の部屋を荒す謎の事件。短いながらも色々なものが詰め込まれていて楽しめました(笑)メグレ警部のシリーズももう1度挑戦してみようかな〜(笑)

  • umeko さん

    ブーベ氏が何者なのか。そんな興味と共に、どんな人生を送ってきたのかと、先を読まずにはいられない衝動にかられます。そして何故そんな生き方を選択したのか考えつつ、余韻に浸りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョルジュ・シムノン

1903‐1989。ベルギー、リエージュ生まれ。中等学校を中退後、職を転々とした末、「リエージュ新聞」の記者となる。1919年に処女作“Au Pont des Arches”を発表。パリへ移住後、幾つものペンネームを使い分けながら、大衆雑誌に数多くの小説を執筆。「怪盗レトン」に始まるメグレ警視シリー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品