真夜中の青い彼方 文春文庫

ジョナサン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167705299
ISBN 10 : 416770529X
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,404p

内容詳細

静かな夜の川で私が発見したのは、連続幼児誘拐殺人の新たな被害者だった。事件への関与を疑われた私が単身で調査を始めた矢先、またも子供が消えた。その子の命を救い、深い森に潜む悪鬼を狩るべく、私は捨て身の戦いを挑む―。自責の念を抱えて森に隠棲する元刑事の苦闘。端整な文体の底に熱い血の脈打つ正統ハードボイルド。

【著者紹介】
ジョナサン・キング : アメリカ、ミシガン州生まれ。フィラデルフィア・デイリー・ニューズ紙を皮切りに、20余年にわたり、主に犯罪と刑事裁判を専門とする記者として活躍。2002年、『真夜中の青い彼方』で作家デビュー。端整で静かな文体で綴られた近年稀な正統ハードボイルドたる本作は、アメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞を受賞するなど、高い評価を受ける

芹沢恵 : 1960(昭和35)年、東京都生まれ。成蹊大学英米文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ルウ さん

    ★2 脇役なはずの弁護士が良いキャラすぎて、主人公が霞む。警官を辞職した過去や女性関係もあ りきたり、唯一の特技っぽいのがボート漕ぎって…地味すぎるw エバーグレーズの鬱蒼とした湿地らしい雰囲気は堪能できるが、行ってみたくはならない。

  • いぬすけ さん

    舞台となっているフロリダの自然豊かな湿地帯の描写は良かった。ストーリーはいまひとつ。主人公のハードボイルドさも、あっさり女に浮ついてる辺りで魅力が半減。もうちょっと正義感な感じか、じゃなかったら毒を濃くしたキャラクターだったら面白かったかも。吃音の弁護士がキャラ立ちしててよかった。

  • ふがし さん

    訳のせいか、堅苦しくて読みづらかった。ハードボイルドな雰囲気は味わえた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョナサン・キング

アメリカ、ミシガン州生まれ。フィラデルフィア・デイリー・ニューズ紙を皮切りに、20余年にわたり、主に犯罪と刑事裁判を専門とする記者として活躍。2002年、『真夜中の青い彼方』で作家デビュー。端整で静かな文体で綴られた近年稀な正統ハードボイルドたる本作は、アメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞を受賞するな

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品