生き残った者の掟

ジョゼ・ジョヴァンニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309460284
ISBN 10 : 4309460283
フォーマット
出版社
発行年月
1986年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
357p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • goro さん

    海は静かだった。一本マストのヨット。ゆれはなかった。旅は終わりに近づいている。〜本文より ジョバンニ節炸裂。譲れない男達。命を懸けて守った女なのに・・・ハードなボイルドだぜ!

  • おぎにゃん さん

    シンプル・イズ・ベスト。そして切ない。「マニュは裏切り者を許せない」の「裏切り」とは何か…いくら「裏切った」とはいえ、そこまですることはないだろうと。いくらなんでも可哀想じゃないかと。だが、彼はそういう生き方しかできないの男なのだから、受け入れるしかない。男のやせ我慢ではない。それが「当たり前」の生き方なんだから。切なすぎる…だが、カッコいい。昭和の漢(と書いて「おとこ」と読む)なら、だれもが憧れた生き方かもしれない。必読の名作である。

  • motoroid さん

    フランスのハードボイルド冒険小説。映画「冒険者たち」の原作。愛以上に大事にするものがある男の話。多くを語らない主人公の態度とシンプルな情景描写だけで、ぐいぐい惹きこまれた。シムノンといい、フランスのハードボイルドは洗練されていると思う。

  • 差オム さん

    演歌的。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョゼ・ジョヴァンニ

1923年地中海のコルシカ島に生まれたジョゼ・ジョヴァンニは、戦後パリの暗黒街に身を投じ、22歳で死刑の判決を受け、11年間にわたる服役経験をもつ筋金入りの元ギャングである。自由の身になったあと、1958年、自身の脱獄体験をもとに書いた『穴』で衝撃的なデビューを飾り、フランス暗黒小説の旗手となる。一

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品