ジョゼ・ジョルジエ・レトリア

人物・団体ページへ

もしぼくが本だったら

ジョゼ・ジョルジエ・レトリア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877587758
ISBN 10 : 4877587756
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
追加情報
:
21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんとまん1007 さん

    もしぼくが本だったら・・・自分だったら・・と、ふと考えた。行間を感じとってもらえるように、ゆっくりをページを進めるかなと。本は、時々、読む手を止めたり、読み返したりしながら、感じ取り深めていくものだと思う。それにしても、本という存在は、素晴らしいものだと再認識。それも、電子ではなく、あくまで手に取ることで、意味合いが深まる。

  • 紫 綺 さん

    もしぼくが本だったら、酒を嗜みながらイイ気持ちになれる本になりたい。版画風の絵と文字、詩が心地よい。本はどんなものにだってなれる‼️

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    静かに暖かいご本を読みました。ポルトガルの絵本です。■詩的なエピソードと 心が羽ばたくような絵。数々のデザイン賞を受賞し、世界13言語で翻訳されているそうです。日本語版はアノニマ・スタジオ。■私だったら どんなご本になるかしら? 広い世界で心が迷子になったとき、そっと寄り添い 新たな道やヒントをくれる「本」。本が持つ世界の豊かさや魅力が伝わるご本でした。(2012年)

  • ぶんこ さん

    この本の中にも「ぼく」がいるようです。文も絵も装本も全部素敵。絵も文も少し掠れている部分がある印刷で、独特な味わいが感じられます。本の持つ多様性が簡潔に記されている。子どもや本好きな人と一緒に色々お喋りしながら読みたいと思いました。

  • ゆのん さん

    【絵本】大好きなアノニマ・スタジオの本。今回の本も素敵だった。読書家なら共感度100%間違いなしだと思う。絵の色彩も落ち着いていて、子供向けというよりか大人向けだと感じる。最近は絵本と児童書にハマっているのだが心に響くものの多さに嬉しい驚きを感じる。121

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品