ジョゼ・サラマーゴ

人物・団体ページへ

だれも死なない日

ジョゼ・サラマーゴ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309208381
ISBN 10 : 430920838X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;20

内容詳細

新年の始まり以降、この国ではだれも死ななくなった。高齢で衰弱する皇太后陛下、成功確実な自殺者、交通事故で十二分に息絶えたはずの人体、致命的な墜落事故…。死の活動停止を寿ぐ歓喜の高波の一方で、商売の材料を奪われた葬儀業界、死の不在によってベッドが不足する病院経営者、生と死の循環が滞る老人ホームなど、危機に陥る人々。国境の村では、生死の需要と供給を補うためにマーフィアが暗躍し、死を求める人々を国外に運びだす。悲喜こもごもの事態の中、テレビ局の会長の手元に紫色の封書が届く…。ノーベル賞作家による驚愕の思考小説。

【著者紹介】
ジョゼ・サラマーゴ : 1922年ポルトガル生まれ。現代ヨーロッパを代表する作家。一労働者からジャーナリズムの世界に身を投じ、社会時評や詩を執筆。75年、政権からの圧力で職を追われ、専業作家の道を選ぶ。長篇『修道院回想録』(82)と『リカルド・レイスの死の年』(84)がヨーロッパ各国で高い評価を得る。『石の筏』(86)と『イエス・キリストによる福音書』(91)で物議をかもしたあとスペインに移住。95年、突然の失明が人々を襲う衝撃的な長篇『白の闇』が世界的ベストセラーとなる。98年にはポルトガル語圏で初めてノーベル文学賞を受賞。2010年没

雨沢泰 : 1953年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Vakira さん

    神は宇宙の沈黙であり、人間はその沈黙に意味を与える叫び声である。Byジョゼ。Ifである。「白い闇」では突然、人は盲目になる。今回は突然、人は死ななくなる。死なないので復活はない。神は不在となり教会は存在意義がなくなり、葬儀屋は仕事がなくなる。しかしこの状況はその国だけ、国境を越えると寿命以上生きた人は寿命を全うして死ぬことができる。だから闇の国境を越えさせる商売が発生し、隣国の警備隊と衝突する。寓話である。生命を産むのは女性、そして寿命を渡す役も女性なのだ。この表紙絵、死神と紫の手紙。死神は実は美女らしい

  • かもめ通信 さん

    80歳を越えた作家が、確実に迫りくる死期と正面から向き合う作品と思いきや、まさかのラブストーリーでもあって、そうした展開がどこか、ドキュメンタリー映画「ジョゼとピラール」で観た晩年のサラマーゴの暮らしぶりとも重なって、人はいつか必ず死ぬものだという当たり前のことを、なかなか当たり前のこととして受け止められない人間の性を描きながらも作家は、幸せな晩年をおくったんだななどと思い、なんだかジーンときてしまったのだった。

  • hiroizm さん

    ある日突然人が死ななくなる。老衰、重病、大怪我など瀕死の状態の人はそのままで、しかもその国の国境の中だけ。突然の出来事にとまどう葬儀業界、宗教、瀕死の親族を抱えた家族、医療関係者、暗躍するマフィアに政治家たち、これは無神論者で知られる著者が「死」に向き合う哲学的思考実験小説か?段落句読点少なめ会話の括弧なし、やたら長くて読みにくいが不思議とハマる文体をよろよろ読んでみれば、予想外の展開にオチの一言までもきれいに決められ、してやれたけれど笑みが出てくる読後感。いよっ!サラマーゴ!と声がでた。おもしろかった〜

  • ケンタ さん

    ある日突然、人が死ななくなったら一体どうなるのか。これは人生謳歌だ、やったぜ!ではないのです。葬儀屋、保険会社、宗教家、国家・・と、人々がどう行動するのか、しかも死ななくなっただけで人は歳は取る、病気になる、他にも興味深い設定が物語に練り込まれていて、著者の想像力にただ圧倒されました。そんな実験小説かと思えば、途中からは趣が変わったストーリーが始まり、何でこんな寓話的な話を入れるかなと思って読んでいると、最後に・・と凄い小説。前半部だけで満足と思ってしまった自分に大反省。心に残る素晴らしい作品でした。

  • きゃれら さん

    ある国で、年が変わったとたん誰も死ななくなる。私たちの社会が、いかに人が死ぬことが前提とされているのかが、さまざまな視点から繰り返し語られる前半。もはや回復の見込めない瀕死の状態のまま生き続ける悪夢も示される。後半は、なぜそんなことが起きたかが「死」を主役に謎解きされ、そしてこの結末。ノーベル賞作家はやっぱりすごい。(語彙…) ファンタジーかと思いきや、文体が難渋な超純文学であり、ユーモア文学であり、サスペンスであり、そして最後はええ?そうなの? とんでもない読み応えだった。「白の闇」読まなくては。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品