ジョウゼフ・コンラッド

人物・団体ページへ

文化果つるところ 上巻

ジョウゼフ・コンラッド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042123019
ISBN 10 : 4042123015
フォーマット
出版社
発行年月
1990年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
227p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kroon@きろん さん

    昭和28年初版、手持ちは「角川文庫リバイバル・コレクション」として再発行された1988年三版。ジョセフ・コンラッドはポルトガル生、13歳で志士だった父を失い、のち志望の海員となり、英語を身に着け、海上生活を続けながらイギリス文壇に名前を残した。同書の原題は「島の除け者」で、「文化果つるところ」という邦名で映画が封切りされている。内容は、この著作他代表作の『オルマイヤの愚行』他を編纂した海洋冒険ものになっている。 船上の人間ドラマ。 氏が没したのは1924年で古典の分類に入るが、読後感は決して古びていない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョウゼフ・コンラッド

1857‐1924。20世紀前半を代表する作家の一人

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品