充ち足りた死者たち

ジョイス・マンスール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309901800
ISBN 10 : 4309901808
フォーマット
出版社
発行年月
1997年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
227p;23

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • YM さん

    お気に入りさんの感想より手に取った本書。前情報ゼロだったけど、ほんと素晴らしかった。凄まじく狂暴で、サディスティックで、エロティックな行為の数々。しかし上品で神々しくすら感じさせるポエティックな表現。もう圧倒されて平伏しました。こういう体験のために読書をしていると言っても過言ではありません。男なんて強がってるだけで弱っちいもんです。女性の手のひらで転がってるんです。ちゃんと分かってるから、お願いだから、ころころさせて。

  • yn1951jp さん

    これほどに圧倒され興奮した物語はない!「ほとんど作品全体が巨大な女体のアナロジーであるかのよう」(巌谷)。ポルノグラフィーと同様に、女体の物語であり、身体で読む物語である。読んでいて体に「肉腫の根を植えつけ」られるのである。「物語といえるかどうか、むしろ、それは物語の恥骨が白骨化してむき出された世界」(金子) 「欲望という名のもう一つの自由」を求め暗殺者に仕えるマリー、そこに妹アンヌ、祖父ジェレミー、鸚鵡、猫。マリーは自ら暗殺者のナイフの前に股をひろげ、肉体をえぐられ、そして暗殺者は生贄の支配下に。

  • ハルマッチ・ハセ さん

    イギリス生まれのエジプト人がフランスに渡り文化圏で活躍。その人が書いた不道徳暴力ポルノ。自分には神々しく、教科書のように感じた。昨今、草食男子とか言って「欲望持ち合わせてません。でも家に帰ったらエロゲーやって戦国ナントカで人殺しまくって点数稼いでます」ってなんなんだろな。それの気持ち悪い所は生々しさが抜け落ちてる所。人殺したら鉄の匂いの血が出るし、パンツ脱がしたら酸っぱい匂いするんやでー。これを教科書に教室で人生学ばないと犯罪者で世の中溢れるでしょう。美○子さま講師でお願いします。

  • 織沢実 さん

    巌谷國士「シュルレアリスムと小説」より。 サディスティックな描写の数々に感嘆しつつ、図書館本なだけにゆっくりと味わうことが出来ず、詩的な世界観に脳天まで浸かれなかったのが悔やまれる。 されど描かれる物語の上品に惨い感じやマリーの身内に秘めた恐ろしさは心を惹きつけて離さない。 近いうちにまた読むと思う。

  • cosmostone さん

    白い砂浜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品