人質 ドーヴァー8 HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS

ジョイス・ポーター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150013059
ISBN 10 : 4150013055
フォーマット
出版社
発行年月
1978年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
217p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    史上最悪の探偵ドーヴァー主任警部が登場するユーモアミステリ。ドーヴァーは呆れかえった御仁なのだ。やる気はまるでなし。推理は行き当たりばったり。面倒なことは部下のマグレガー刑事に押し付ける。太り過ぎで、食べることだけが唯一の楽しみ。そのドーヴァーが誘拐されるので、マグレガーやスコットランド・ヤードの同僚たちは、いい厄介払いができたと喜んでしまう。とにかく可笑しい小説で、何度も吹き出した。ミステリ的なプロットの捻りがないのは残念だが、十分楽しめる。ドーヴァーの適当な推理が、犯人逮捕に結びつくのが一番笑えた。

  • kanamori さん

    ☆☆★

  • MIRACLE さん

    犯罪集団「クラレット・タッパーズ」によって一度は誘拐されたドーバーが、上司の命令で引き受けることになった、自身の誘拐事件とその捜査の顛末を描いたユーモア・ミステリー。ドーバーは迷探偵という設定なので、デタラメな捜査のなかで、事件解決のヒントを偶然、掴むという形になっている。毎度のことながら、部下のマクレガー部長刑事が不憫でならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品