ジョアン・マックファイル・ナイト

人物・団体ページへ

ジベルニィのシャーロット

ジョアン・マックファイル・ナイト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784776400509
ISBN 10 : 4776400502
フォーマット
出版社
発行年月
2004年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
24cm,1冊

内容詳細

1892年、アメリカからフランスのジベルニィにやってきたシャーロット。印象派の画家が多く住むこの土地を気に入った彼女は、日々の出来事を日記に綴っていく。名画やコラージュがちりばめられた魅力的な物語。

【著者紹介】
ジョアン・マックファイル・ナイト : アメリカに生まれる。父の仕事の関係で世界各地を転々とする。少女時代にフランスへと渡る。6年間フランスで暮らした後、チュニジア、スイス、リビアなどで学校へ通った。子どもの本の編集者として働いたのち、自分自身で子どものための作品をかくようになる

メリッサ・スウィート : 1956年、アメリカのニュージャージー州に生まれる。1986年に初めて子どものための本に挿絵をかく。現在は、絵本だけでなく、雑誌、ポスター、パッケージなど幅広く活躍している

江国香織 : 1964年、東京に生まれる。『こうばしい日々』(あかね書房)で産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞、『きらきらひかる』(新潮社)で紫式部文学賞、『ぼくの小鳥ちゃん』(あかね書房)で路傍の石文学賞、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(ホーム社/集英社)で山本周五郎賞、『号泣する準備はできていた』(新潮社)で直木賞など、受賞作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たんたん(休みます) さん

    『画家にとっちゃ天国だよ』20世紀初頭、モネ以外にも多くの印象派の画家たちがジヴェルニーの美しさに魅せられ長期滞在し光を描き続けていた。小さな町は夢をみる芸術家達で賑やかだっただろうなぁ。そんな彼らの煌めく生活を画家の娘シャーロットが日記で綴った物語。季節ごとの可愛い挿絵そしてコラージュ、さらに画家達の描いたジヴェルニーの情景も見応えあり。こんなにもみんなを魅了するジヴェルニーとはなんなのだろう。次は、ついに原田マハさんの「ジヴェルニーの食卓」だ。私のジヴェルニーへの旅はまだまだ続く…

  • tokotoko さん

    この本は、可愛いものと、絵が好きな方にオススメです!画家の父を持つシャーロットは、家族でジベルニィに引っ越します。親友のリジーがお餞別にってくれた日記帳の中身が、この本です。船の上〜列車の中〜ホテル〜ジベルニィ。女の子らしい文章や切り抜きと、画家の美しい絵で、ページは彩られていきます。ジベルニィでは、知り合い(有名な画家の名前も出てきます)も増え、日記の文章は元気いーっぱい。シャーロットの1年間を楽しんだ後は、どの季節が好きだったかな?って考えてみてね。私は秋!おいしい果物がいっぱい実ってたからです。

  • p.ntsk @【柏葉幸子さん読書会】 さん

    読友さんご紹介本。1892年お父さんが画家のシャーロットはジベルニィに引っ越します。シャーロットの日記仕立てで綴ったジベルニィの一年。様々な有名人も登場。お友達や周りの人々との交流が楽しそう。フィクションですが日記に登場するエピソードは史実に基づいているそうで当時の印象派の画家たちの暮らしぶりが窺われます。なんだかプレゼントに贈りたくなるような可愛らしい一冊でした。

  • けろりん さん

    19世紀末、フランス、モネの芸術村ジベルニイへ向かうアメリカ人画家の家族。その一人娘のシャーロット(モデルはいるでしょうが、創作人物)が彼の地への旅と滞在の様子を記した絵日記です。ジベルニイ所縁の画家たちの美しい絵画が効果的に配され、当時の写真や、ホテルのレターパッド、切手や、素朴なイラストが鏤められた宝物のスクラップブックの設え。多感な時期の少女の瑞瑞しい感性のサテンのリボンのような手触りを、江國香織さんの名訳がさらに極上のものへと仕上げています。

  • mntmt さん

    1892年〜1893年、ジベルニィで過ごした女の子の日記。ジベルニィと言えば、印象派!モネ!ちゃんと日記に登場します。他の画家も。日記の内容にピッタリの絵画が載っていて、絵画鑑賞もできました。セピア色の写真やコラージュの挿し絵。日記からうかがい知れる当時のジベルニィの生活。特別な本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョアン・マックファイル・ナイト

アメリカに生まれる。父の仕事の関係で世界各地を転々とする。少女時代にフランスへと渡る。6年間フランスで暮らした後、チュニジア、スイス、リビアなどで学校へ通った。子どもの本の編集者として働いたのち、自分自身で子どものための作品をかくようになる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品