ジュールス・フェイファー

人物・団体ページへ

あたしのくまちゃんみなかった?

ジュールス・フェイファー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883441822
ISBN 10 : 4883441822
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,1冊(ページ付なし)

内容詳細

あたしのくまちゃんがなくなった。お母さんにきいても、お父さんにきいても、お姉ちゃんにきいても自分で探しなさいって言う。誰か一緒に探してよ…。全米の親子をとりこにしたベストセラー絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    「うわっきったね!」「うわあ、かんじわるうい!」とか言いつつもすごく楽しみながら聞いていて、自分でも読んで、またまたオカンに読んでもらって…とかなりお気に入りに。多分オタマと同い年ぐらいの、お姉ちゃんやママに頼りまくる女子が主人公だからかな。ぷぷぷ。

  • 花林糖 さん

    (図書館本)大好きなクマのヌイグルミが行方不明になった女の子のお話。物を行方不明にする天才?だった昔の自分を思い出しました。

  • 雨巫女 さん

    熊本の主婦グループが訳したと新聞の切り抜きが、POPになってたので、読む。くまのぬいぐるみをなくした子が、私の日頃の生活そのもの。

  • ちー さん

    どうしても大切なくまちゃんが見つからない女の子のお話。対象は幼児から。探偵になったつもりで最後にどこで遊んだか思い出してみて!とお母さんたちは非協力的。探しているようで部屋をぐちゃぐちゃにしていく様子にあらあらあらとなってしまう。思春期なお姉ちゃんに声かけてみると、協力してくれないようで実は一番協力してくれたり。こどものなくしものってこういう感じよね、と思ってしまう絵本。どこにあったかはにやりとしてしまう絵本だった。

  • もりか@中四国読メの会コミュ参加中 さん

    小3の子たちに読み聞かせ。子どもたちはラストに「へえ〜」って感心してました。母から見たら「こうなるに決まってるじゃない」なんだけどな。片付けられない子どもにはどーいっても通じないのねー、と母の方が学ばせていただきました。絵も可愛くて面白かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品