大胯びらき

ジャン コクトー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784828831053
ISBN 10 : 4828831053
フォーマット
発行年月
1989年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
217p;16X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 双海(ふたみ) さん

    これが25歳の翻訳だと思うと・・・ただ驚くばかり。いまの仏文科学徒に澁澤の真似ができる人、いるのかな。熟語・成句の蓄積量が並ではない。

  • しょこ さん

    メリハリのある起承転結とスピードを落とさずに進む話の展開は、若々しくて危なっかしい感じがする。そんな速い流れの中でも、思わずキュッとブレーキをかけてしまうような、無防備で美しい表現にたびたび出会う。物語の内容は月並みな失恋物語なのだけど、なぜか壮大な悲劇を堪能した気分。

  • とど さん

    本書の主題を大雑把まとめると、青春の恋愛の享楽と苦悩を経てやがて現実と折り合いをつけていくということかと思うが、コクトーの暗喩や直喩で表現された文章は、この主題を華麗にまとめている。何より澁澤龍彦の翻訳が読みやすく、想像力を喚起される。これが25歳の時の翻訳とは驚きである。なお題名の「大胯びらき」はバレー用語であるらしく、エロテッィクな意味はありません。念のため。

  • agri さん

    流れていく青春の愛より産出される想い

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品