犬にならって犬の言葉を学ぶ

ジャン・フェネル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895859417
ISBN 10 : 489585941X
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
258p;22

内容詳細

人間の言葉で犬に語りかけていないか。犬と人間との新しいコミュニケーション法に基づいた、画期的なしつけ方を伝授。

【著者紹介】
ジャン・フェネル : ロンドンで幼少のときから犬と親しみ、ブリーダーとして成功する。数多くのドッグショーで優勝した経験をもつ。最近は、問題犬を扱う専門家として、テレビやBBCラジオの番組で活躍し、絶大な人気を誇る

高橋佳奈子 : 1963年東京生まれ。東京外国語大学卒業。訳書に『子供を亡くしたあとで』、『晴れた日には希望が見える』、『虎が消える日』(いずれも朝日新聞社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にゃも さん

    帰宅時の5分間ルールとか食事は人間が先とか犬のしつけでよく聞くこと…そうか、これだったのか。オオカミの生態をもとにしたアミシアン・ボンディングという考え方は今はオオカミと犬は違うとも言われるようになって当てはまらないこともあるかもしれないけど、やっぱり参考にはなる。きっとフェネルさんの意図をきちんと理解して実践できれば問題行動なんて起こらないと思うけど、本を読んだだけじゃリードが張った時に止まるタイミングとかそういった微妙な部分が…難しいよね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャン・フェネル

ロンドンで幼少のときから犬と親しみ、ブリーダーとして成功する。数多くのドッグショーで優勝した経験をもつ。最近は、問題犬を扱う専門家として、テレビやBBCラジオの番組で活躍し、絶大な人気を誇る

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品