ジャン・デイヴィソン

人物・団体ページへ

ピクルスと漬け物の歴史 「食」の図書館

ジャン・デイヴィソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784562055593
ISBN 10 : 4562055596
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;20

内容詳細

浅漬け、沢庵、梅干し。日本人にとって身近な漬け物は、古代からもっとも簡単な保存食として世界各地で作られてきた。料理や文化としての発展の歴史、巨大ビジネスとなった漬け物市場、漬け物が食糧問題を解決する可能性にまで迫る。

目次 : 序章 はじめに/ 第1章 食品の漬け込み 原理と作り方/ 第2章 アジア 醗酵と加熱/ 第3章 地中海 太古と現代/ 第4章 中東からラテンアメリカへ アラブ人とコンキスタドール/ 第5章 バルト海からアメリカへ 栄養と香り/ 第6章 アジアから大西洋へ 貿易と大国/ 第7章 現代の漬け物

【著者紹介】
ジャン・デイヴィソン : フードライター。Eat This Podcast等、多くの食品関連のブログに寄稿している。ロンドン在住

甲斐理恵子 : 翻訳者。北海道大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kouro-hou さん

    野菜を収穫したら漬けとけ。持つし美味いから。古代中国やメソポタミア、古代ローマもギリシャもやってた漬け物。取引量では1位日本、2位米国で世界の約50%を占めるとか。世界の漬け物事情をルーツ別に回る本だが、日本と韓国は9頁使ってじっくり解説。キムチ豪華主義と種類の日本の話は面白い。ふぐ卵巣糠漬けの話もあり、さすが日本の勿体ない精神、人も沢山死んだのだろうと解説されるとまあそうだろうなと思うw 醗酵食品続きでソース話も豊富。お手軽密封のメイソンジャーが出るまで、商業大量生産できなかったというのは目から鱗。

  • くさてる さん

    2015年、世界の漬物市場の取引額は110億ドル以上で、その4分の一を日本が担い、僅差でアメリカが追っているというのは、へえという感じでした。古代から最も簡単な食物の保存方法として知られる漬物の歴史を語る一冊です。東アジアが中心ながら、世界中の人間が、ありとあらゆるものを漬けてきたのだなあと思いました。カラー図版も豊富で楽しいです。

  • シルク さん

    わたくしには、「いつか食べてみたい食べもの」リストがある。心のなかに(笑) トルコの激甘パイ菓子バクラワ。モロッコの、中に具をたっぷり包んだベルベルピザ。タイの、ココナツミルクで蒸したもちごめにマンゴースライスを添えたもん。シンガポールのカレー味焼きそば。それから……(*´p`*) そしてそのリストの中に入ってるのが、インドのアッチャールとかいう漬物。インドを旅した女性漫画家の、エッセイ漫画にそれは出てきた。旅の安宿で、オーナーのじいさんと毎日、ネスカフェのでかい空き瓶いっぱい平らげていたという辛い漬物。

  • tama さん

    図書館本 シリーズ読み中 今回も面白かったけど、基本欧米の話。そしてウスターソースやケチャップも(まあ、確かにそういう作り方だけど)漬物にしてる。その割にアジアがほぼ全滅。せいぜいチャツネまで。ナンプラーは出て来ない。勿論、魚の飯鮨(いいずし、ね)も。中東では魚醤とイナゴ・バッタの塩漬け汁が出てくるけど、生きたまま塩水で窒息死させられた出来たてのイナゴ漬けって美味だそうですがちょっと気になるわぁ。作り方も書いてあるけど、出来れば途中の状態見ないで試したい・・・。

  • takao さん

    中国では紀元前3世紀には。ローマ人はブドウ果汁に食品を漬け込みハチミツとマスタードで風味づけ。トルコでは漬け汁を楽しむ。スウェーデンではディルシル(砂糖とディル入りの酢につけたニシン)。玉ねぎ、卵(黒コショウ、しょうが、オールスパイスと酢)の漬け物。アメリカでは漬け汁が飲み物や凍らせたキャンディとして人気のスポーツ支援商品(例 ボブズ・ピックル・ポップス)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャン・デイヴィソン

フードライター。Eat This Podcast等、多くの食品関連のブログに寄稿している。ロンドン在住

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品