ジャネット・ウィンターソン

人物・団体ページへ

恋をする躰 VOICES OVERSEAS

ジャネット・ウィンターソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062063920
ISBN 10 : 4062063921
フォーマット
出版社
発行年月
1997年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
野中柊 ,  
追加情報
:
271p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • miki*** さん

    どこまでも奔放で身勝手な愛が描かれていた。「私は高いところは得意だけれど、深みには耐えられない」という主人公がどんどん愛の深みにおちてゆき逃げ出す様は見るに耐えない。共感はできないけれど訳の歯切れがよく文章のセンスがよかった。「宝は私たちの手中に落ち、その宝とはお互いの存在だったのである」素敵な文章。

  • tona さん

    名前もなければ、ジェンダーも明かされない語り手が、昔のガールフレンドやボーイフレンドとの思い出を回想しながら、最愛の女性ルイーズとの関係を紡いでゆく。ウィンターソンにしては珍しく終始センチメンタル。愛する人の血も肉も骨も髪の毛一本までも愛し抜き、愛する人の身体と思い出を自分の身体に永遠に刻み込む。狂おしいほどの愛とエロスが詰まった作品。

  • K さん

    ななななななななななんて小説なの。ここまで躰にたいする愛に満ち満ちた小説、あぁ、初めてです。

  • あすな さん

    長い長い愛の詩をよんでいるようだった。

  • りつこ さん

    正直、よくわからんかった。私には難しい…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャネット・ウィンターソン

イギリス・マンチェスター生まれ。小説家、ジャーナリスト。幼いころキリスト教の一派であるペンテコステ派の夫婦の養子となる。養父は工場労働者であり、家には聖書を含め6冊の本しかなかったという。養父母は宣教師にさせるつもりで育てるが、16歳で自立。24歳のとき処女作『オレンジだけが果物じゃない』(国書刊行

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品