ジャック・ルヴロン

人物・団体ページへ

ヴェルサイユ宮殿 影の主役たち 世界一華麗な王宮を支えた人々

ジャック・ルヴロン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227627
ISBN 10 : 4309227627
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
280p;20

内容詳細

目次 : ヴェルサイユ宮殿の脇役たち/ 国王付き筆頭主治医ダカンの目も眩むような出世と失墜/ ルイ一四世の首席近侍たち/ 水の魔術師フランシーヌ一族/ ヴォルテールの女友達リュペルモンド夫人/ 第一級の時代証人ナルボンヌ警視の『日記』/ 王室主馬頭ブリオンヌ夫人/ ポンパドゥール侯爵夫人の家令シャルル・コラン/ 消防士たち/ 聴罪司祭ソルディーニ神父/ 聴罪司祭ソルディーに神父/ 王室催事担当部長官パピヨン・ド・ラ・フェルテ/ ヴェルサイユ宮殿の「店」/ 盗人やスリたち/ 偽ラ・モット男爵夫人/ アルトワ伯爵夫人付き侍女の青春と苦難/ 世にも風変わりなクエットロゴン侯爵夫婦/ 最後の「語学教師」ガテスキ/ ルイ十六世の錠前師フランソワ・ガマン/ 兵士バドゥーの災難とデュ・バリー夫人の宝石

【著者紹介】
ジャック・ルヴロン : 1906‐2004年。古文書専門家。1929年以降各地の古文書館に勤務し、セーヌ・エ・オワーズ県(当時)古文書の名誉保存チーフとなる。アンジェの文学アカデミー議長、アンジェ・カトリック大学名誉教授。歴史学における業績が評価を受け、レジオン・ドヌール勲章はじめ数々の褒章を受章している。アンシャンレジームに関する著作多数(20作以上)。“Les saints du pays angevin”(1994年・アンジュヴァンの聖人たち)、“Madame de Pompadour”(1962年・ポンパドゥール夫人)、“Trois soeurs pour un roi ou la Cour de Versailles au d´ebut du r`egne de Louis XV”(1982年・王と三姉妹、ルイ15世治世初期のヴェルサイユ宮廷)などでアカデミー・フランセーズ賞受賞

ダコスタ吉村花子 : 翻訳家。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。リモージュ大学歴史学DEA修了。18世紀フランス、アンシャン・レジームを専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ボブチャンチン さん

    面白かったです。随分多くの職業があり、ミエと嘘や人間関係で渡り歩かないと大変な世界。強烈な縁故社会で貴族達の危機感のない気前良さも面白い。警備が全く機能していない理由は初めて知りました。

  • びっぐすとん さん

    図書館本。華麗な宮廷で華やかなのは王と一握りの取り巻きだけで、実務やメンテナンスをこなす普通の実直な職員も当然いて、彼らはささやかな出世、家族の安泰のために裏方で働いていたのだ。不払いがあったり、収入より支出が多かったりと、けして豊かではなく、先の保証がない中で、懸命に生きてきた彼らの暮らしも革命で全てが無くなってしまった。ヴェルサイユで雇われてた数千人はどうなったのか?貴族も中流以下は余り楽な暮らしではなかったようで、借金まみれでツテを頼って就職口を探したり、なまじ体面があるだけ大変そう。

  • timeturner さん

    噴水職人、侍医、警官、消防士、錠前師……ヴェルサイユ宮殿の裏方達を紹介する本。企画はいいんだけど資料からの引用をつなげただけで終わった印象があり物足りない。もうちょっと突っこんで肉付けしてほしかったな。

  • 茶坊主 さん

    図書館本 タイトルどおり、ヴェルサイユ宮殿華やかなりし頃、そこで働いていた人々にスポットをあてた本。 医師、厩舎係、噴水職人、錠前職人等々登場する職業は多岐にわたる。多すぎて、どれも掘り下げ不足、という感じもするけど。 ルイ14世が宮殿建築を決定して以来、宮殿に関わる多種多様な人々が移り住み、宮殿内も町も常に住居不足だったのに、革命とともに人が減り、町が廃れたと聞くと、改めてヴェルサイユというのは「計画都市」だったのか、とも思う。 読んでから観光に行くと、また見方が変わるかも。 予定ないけど。

  • るき さん

    宮殿の中に出店が出まくっていたというのは初めて知りました。確かに日用品必要ですしね。ヴェルサイユ宮殿の写真集で確認してしまいましたよ。結構ぎゅうぎゅうに押し込まれた中で暮らしてたんだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジャック・ルヴロン

1906‐2004年。古文書専門家。1929年以降各地の古文書館に勤務し、セーヌ・エ・オワーズ県(当時)古文書の名誉保存チーフとなる。アンジェの文学アカデミー議長、アンジェ・カトリック大学名誉教授。歴史学における業績が評価を受け、レジオン・ドヌール勲章はじめ数々の褒章を受章している。アンシャンレジー

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

  • なぜ日本人は幸福を感じられないのか? 物質的豊かさと便利さを実現したにも関わらず、なぜ日本人は幸福を感じられないのか。社会思想家の著者が資本主義の行き着く... |2015年10月19日 (月) 12:51
    なぜ日本人は幸福を感じられないのか?
  • ローマ社会における奴隷の実情を明かす 現在のイタリア人の40%は奴隷の子孫だと言われるが、当時の奴隷たちは愛人から医者まで様々な役割を果たしていた。奴隷な... |2015年06月10日 (水) 10:38
    ローマ社会における奴隷の実情を明かす
  • 貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』 宮内庁が24年余りをかけて編さんし、天皇の御事蹟、日本社会を記述した『昭和天皇実録』。全19冊のうち、0〜12歳を収... |2015年06月03日 (水) 10:10
    貴重な記述を収録した『昭和天皇実録』
  • 人気のテレビ哲学番組を書籍化! テレビ放送のたびに話題を呼んだNHK Eテレの哲学トーク番組「哲子の部屋」が本になった『哲子の部屋』。人気哲学者が「... |2015年05月18日 (月) 17:16
    人気のテレビ哲学番組を書籍化!
  • 帝国憲法の成り立ちと意義を問う 歴史をひもとけば、大日本帝国憲法は、幕末明治の志士らが命を懸け勝ち取ったものであったことが見えてくる。帝国憲法の栄光... |2015年05月08日 (金) 17:52
    帝国憲法の成り立ちと意義を問う
  • お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本! 一度読むだけで、日本史の流れがすーっと頭に入って、忘れることがない奇跡の日本史物語『京大芸人式日本史』。芸人ロザン・... |2015年04月16日 (木) 14:19
    お笑い芸人が作ったスゴイ日本史の本!

おすすめの商品