ジャック・フィニイ

人物・団体ページへ

レベル3 異色作家短篇集

ジャック・フィニイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152087584
ISBN 10 : 4152087587
フォーマット
出版社
発行年月
2006年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,260p

内容詳細

たまたま行き着いた、その駅に存在しないはずの地下3階は、異世界への入口だったのか。名作の誉れ高い表題作をはじめ、独特の温かさ、優しさ、ユーモアを内包するファンタジックな11篇を収録する。

【著者紹介】
ジャック・フィニイ : 1911‐1995。ウィスコンシン州生まれ。12年間コピーライターをつとめたのち、1947年に『EQMM』誌の年次コンテストで特別賞を獲得してデビュー。幻想味の濃い作風で人気を得る

福島正実 : 1929‐1976。旧樺太生まれ。作家、翻訳家、編集者。『SFマガジン』初代編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みっぴー さん

    『ゲイルズバーグの春を愛す』に続き、またまたジャック・フィニイの短篇集です。これまた恐ろしくハイレベルな作品が揃っていた、感心しっぱなしです。『レベル3』ーあるはずのない、地下鉄の三階に迷いこむ…なんだかハリー・ポッターみたいでワクワクしました。少し他の作品とは毛色が違う『雲の中にいるもの』『青春を少々』ーコメディチックに、理想と現実を描いた作品で、かなり甘い展開にニヤニヤ。『第二のチャンス』ー車に詳しければもっと楽しめたはず。『ニュースの陰に』ーマイベスト。この異色作家短篇集シリーズ、外れがないです。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    「潮時」の最後の文の意味になぜか無性にぞっとしてしまいました。「世界最初のパイロット」の語り手の状況下が可笑しく、「青春一滴」はちょっと変わった心温まるラヴ・ロマンス。「死者のポケットの中には」の奇妙な状況下には「死刑台のエレヴェーター」を連想してしまいました。

  • Panzer Leader さん

    時空を越えた過去への郷愁を感じさせる作品を中心にした幻想的な短編集。オー・ヘンリーのSF版のような味わいで、フィニイは短編の方が読みやすい。

  • 拓也 ◆mOrYeBoQbw さん

    SF短篇集。時間SFを中心に編まれたフィニイの短篇集。タイムループや人体ハック・ディストピアなど長篇でも実力が知られてるフィニイですが、短篇の場合は特に語り口の上手さと、ファンタジー&ロマンスのセンスが明確に分かりますね。アメリカでの初出は1957年、やはり朝鮮〜ベトナム戦争を挟んだ東西冷戦の空気の中「ここじゃない何処か」「あの平穏な日に帰りたい」が強く感じられる一冊。ゲイルズバーグも登場し、フィニイ・フリークには嬉しい一面もありますね(・ω・)ノシ

  • コジ さん

    ★★★☆☆ 残酷にしてユーモラス、古典的ながら新鮮。そして甘苦いオチ。皮肉の利いた作品には、不愉快ながらどこか憎みきれない登場人物が必要不可欠で当然本書に収録されている作品にもそういった人物たちが登場している。そこへもってこのタイトル「あなたに似た人」。いやはや、タイトルからして皮肉が利いている。子供向けの「チョコレート工場の秘密」と同著者の大人向けブラックユーモア。チョコレート工場にニヤリとした経験があるなら本書のビターなブラックユーモアは大人な味わいとして楽しめるはず。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品